総裁選2021 特設サイト
ニュースのカテゴリを選択する

月刊誌「りぶる」 9月号より

気分はハワイ旅行!?
ANAのチャーターフライトへ

特集2
気分はハワイ旅行!?
ANAのチャーターフライトへ

ANA X国内旅行事業推進部 商品開発チーム 高橋 潤さん
ANA X国内旅行事業推進部 商品開発チーム
高橋 潤さん

新型コロナウイルス感染症の影響により、国際線の多くが減便・欠航を余儀なくされる中、ANA(全日本空輸)は保有する総2階建てのエアバスA380型機(以下、A380型機)を活用した「ANA FLYING HONU チャーターフライト」を運航しています。
感染症対策を徹底して開催されるイベントの魅力を紹介します。

※取材は、感染症対策を十分に実施した上で行っています
※人物(高橋 潤さん、木島美幸さん)を除く写真は、全てANA提供。イメージです
※掲載の内容は、令和3(2021)年8月2日現在のものです

「空飛ぶウミガメ」と呼ばれる人気の飛行機で
ハワイを感じながら日本上空を遊覧飛行

 ANAが東京(成田)⇔ホノルル(ハワイ)線(以下、ホノルル線)で運航しているA380型機。その機体にはハワイで神聖な生き物として愛されているウミガメがデザインされ、通称「FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)」と呼ばれています。
 昨年8月、この飛行機を活用して、日本の上空を遊覧飛行する「ANA FLYING HONU チャーターフライト」が初就航。企画したANA Xの高橋潤さんは「きっかけは、お客さまの声でした。新型コロナウイルス感染症の影響で国際線は多くが欠航している状況ですが、たくさんの飛行機が駐機していることを報道で知ったお客さまから『ぜひ乗りたい』というご要望があり、この企画が動き出しました」と話します。

令和元(2019)年5月にお披露目されたFLYING HONU。ホノルル線の顔として、幅広い世代に愛されている
令和元(2019)年5月にお披露目されたFLYING HONU。ホノルル線の顔として、幅広い世代に愛されている
※A380型機「FLYING HONU」イメージ

 企画のコンセプトは、ずばり“ハワイ”。「ホノルル線専用機だからこそできること、チャーター便にしかできない企画やサービスで、ハワイをより身近に感じていただけるよう努めました」。

 海外へ旅行するのが難しい状況の中、「空飛ぶウミガメに乗るチャンス」「遊覧飛行をお手頃価格で楽しめる」などと大きな反響を呼び、初回のフライトは抽選倍率が約150倍に達したシートもありました。「夏休みに、どこにも遊びに行けなかったというご家族が本当に喜んでくださって…。参加された皆さまが満面の笑みを浮かべて、それぞれに遊覧飛行を楽しまれていました。その姿を見て、企画した私たちも感動しましたし、目の前でお客さまと接することができたのが何よりもうれしかったです」。

フライトの記念に!特典もいろいろ

キュートなホヌリュック!

キュートなホヌリュック!
記念品 全クラス席共通 ホヌリュック

搭乗証明書

搭乗証明書
ハワイの魅力がきゅっと詰まったイラスト入り搭乗証明書の他、絵ハガキやステッカーが記念品として渡されたことも

FLYING HONU
飛行機風船プレゼント

FLYING HONU飛行機風船プレゼント
子供連れの参加者、あるいは旅程表に記載されたキーワードを答えた人には、もれなくFLYING HONUの飛行機風船をプレゼント! 写真手前から、ハワイの空をイメージした「ラニ」、ハワイの海をイメージした「カイ」、ハワイの夕陽をイメージした「ラー」(今後、導入予定)
※デザインは、変更になる可能性があります

記念品
ファーストクラス席(一例)

記念品ファーストクラス席(一例)
1897年創業、英国グローブ・トロッター社のトラベルケースを忠実に再現した「グローブ・トロッターのアメニティポーチ」

記念品
ビジネスクラス席(一例)

記念品 ビジネスクラス席(一例)
アメリカ西海岸生まれのセレクトショップとコラボレーションした「ANAオリジナル フレッドシーガルコラボレーション アメニティキット」

記念品
プレミアムエコノミー席(一例)

記念品 プレミアムエコノミー席(一例)
防水性能に優れ、ビーチやプールでも使える「FLYING HONUデザインのエコバッグ」

雨上がりの虹が見える、
その日が来ることを信じて

ANA 客室センター 客室乗務員 木島美幸さん
ANA 客室センター
客室乗務員 木島美幸さん

飛行機に乗り、ハワイに行った気分を味わえると人気の「ANA FLYING HONU チャーターフライト」。
ファーストクラス席のCAとして搭乗した木島美幸さんに伺いました。

特別な飛行機A380型機で
南国気分あふれる空の旅へ

―CAを目指したきっかけを教えてください。

木島 父が飛行機好きで、幼い頃から家の至る所に飛行機の模型やポスターがありました。そういう環境の中で育ったので、近所に空港はありませんでしたが飛行機は身近な存在でした。自然と私も大好きになって、ぼんやりと「飛行機に関わる仕事がしたいな」と思っていました。
 長年の念願がかない、平成19(2007)年にANAへ入社。父も喜んでくれました。毎月平均80時間ほど飛行機に乗務し、昨年には通算1万時間を突破。しかし、今は新型コロナウイルス感染症の影響で乗務する機会があまりなく、寂しい限りです。

―最近は乗務しましたか。

木島 今年4月に2回「ANA FLYING HONU チャーターフライト」を担当しました。私はA380型機でのフライトが丸1年ぶりだったので少し緊張していました。
 その一方、搭乗前からワクワクしていて、SNSで「チャーターフライト」と検索すると、たくさんのお客さまが期待に胸をふくらませていることを知り、その期待に応えることができるよう、私も気持ちを高めてフライトに臨みました。実際に200人を超えるお客さまが参加され、久しぶりにたくさんの方と接することができて、本当に楽しかったです。

―乗務の担当は、どのように決まりますか。

木島 チャーターフライトで使われる「FLYING HONU」は、A380型機という飛行機です。この機種の訓練を受けて乗務資格を取得している、限られたCAの中から担当が任命されます。
 どの飛行機でも、その機種ごとの乗務資格を持ったCAが搭乗しますが、A380型機の機種資格は全てのCAが持っているわけではありません。さらにファーストクラスを担当するには、そのための資格も必要です。私が入社した時、先輩に「資格を取得するのに10年かかるわよ」と言われ、本当に10年かかりました。

―A380型機の特有な部分などはありますか。

木島 客室が2階建てです。搭乗するCAが通常の倍くらいいるので、スムーズな意思疎通を図るため、また安全のためにも細かいルールがたくさん決められています。
 機体にウミガメが描かれた「FLYING HONU」は通常、東京(成田)とホノルル(ハワイ)間を運航する飛行機です。チャーターフライトは国内の遊覧飛行ですが、お客さまにハワイを旅するような気分を味わっていただけるよう、演出に工夫をしています。

虹をイメージした照明。「ご搭乗いただいている間もハワイの雰囲気やワクワク感を感じていただきたいです」と木島さん
虹をイメージした照明。「ご搭乗いただいている間もハワイの雰囲気やワクワク感を感じていただきたいです」と木島さん
CAのおもてなし(一例)
CAのおもてなし(一例)
ホノルル線限定の機内安全ビデオ。ハワイの美しいビーチや雄大な森を舞台に、機内の安全に関する情報を説明している

インタビューの続きはりぶる本誌でご覧ください

りぶる9月号

月刊誌「りぶる」では、女性ならではの視点で
しなやかな発想で世の中を見つめ
国際情勢から政治、経済、日常の身近な問題まで、
幅広い話題をわかりやすく解説します。

発行日 毎月15日発行
年間購読料 3,800円 (税・送料込)
定価1部 320円 (税込)