東日本大震災から10年を迎えて

2021年3月11日

一、はじめに

地震と津波で2万人余りの尊い生命を犠牲にした未曾有の東日本大震災が発生してから10年の歳月が経ちました。今なお多くの方々が避難生活を強いられていることを決して忘れてはなりません。

いま、コロナ禍を契機に、世界中のあらゆる国において日常生活や産業構造のあり方の見直しなど歴史的な大変革が迫られております。
私たちは東日本大震災の「創造的復興」の政策展開が単に震災前の状態に戻すのではなく、「新しい東北」の発展のモデルを作り、それが日本再興の地平を開くことにつながるよう全力投球をしていきます。

地震・津波被災地域においては、災害公営住宅や復興道路など社会インフラの整備がほぼ完成しています。今後は地域が保有している農業、漁業、水産加工業、観光業など持てる豊かな資源についてIT技術の活用などを通じて、いかに成長産業に結び付けていくかが問われています。大きな志を抱いてチャレンジをする企業、事業者に対しては、国も地方自治体もしっかりと支援体制を敷き、活路を開いていってもらいたいと願っています。

福島の原子力事故災害被災地域においては、ようやく課題解決の端緒についたばかりです。
まず、帰還困難区域における特定復興再生拠点区域における避難指示解除のための住民説明会がこの秋ごろから開かれることになっています。これを契機に、特定復興再生拠点区域の住環境の整備や、産業や商店街形成など街のにぎわいを取り戻していくと同時に、拠点区域外についても帰還ができるようにどう対応していくか、政府に対し早急に検討を始めることを促していきたいと思います。

さらに、原子力事故災害被災地域における最大の問題は、除染と中間貯蔵施設の整備、燃料デブリ取出しなどの廃炉措置、原子力損害賠償への対応、帰還困難区域の避難指示解除など、中長期的な重要課題についてどう向き合っていくかということであります。
これらの重要課題はいずれも関連性を有しており、今後、国は国民の皆様にどのような対応策を講じていくかの全体像を示していくことが被災者の皆様にも安心感を与えることになると考えています。

これらの課題について、現状では、帰還環境の整備が復興庁、避難指示の解除が原子力災害対策本部、原子力損害賠償が文部科学省、廃炉・汚染水対策が経済産業省、除染と中間貯蔵事業が環境省と、それぞれ所管官庁が分かれております。東京電力の責任の所在は明らかであるものの、国としても全体像の把握とその責任についてより明確にしていく時期にきているのではないかと考えます。
こうした問題意識のもとに、今後、自由民主党内で議論をし、公明党とも認識を共有したうえで、基本的な法制上の措置も含めて与党としての考え方をまとめ、政府に提案していきたいと思います。

一、地震・津波被災地域について

地震・津波被災地域では、この10年間でハード面の復興は大きく前進しました。
津波からの再被害を防ぐための防災集団移転促進事業は324地区全てで造成工事が完了し、災害公営住宅も計画されていた約3万戸が完成しました。
復興道路についても、一部を残してほぼ完了し、本年中には残る岩手県内の区間が完成する予定であり、いよいよ三陸道全線が開通を迎えます。

岩手県では、津波で大きな被害を受けた陸前高田市において、大規模なかさ上げを行った今泉地区に、昨年12月17日に、新たな商業施設である『発酵パークCAMOCY』がオープンしました。ハード面の復興の先に、新たな賑わいの場所が生まれています。

宮城県においても、今月6日に気仙沼湾横断橋が開通し、宮城県内の三陸沿岸道が全線開通しました。利便性の向上とともに復興のシンボルとしての役割が期待されています。

そうした一方で、被災者の心のケアや地域コミュニティの再構築、土地区画整理事業等で生じた空き地の有効活用に向けた取組みなど、長い時間腰を据えて支援を行うべき課題も少なからず残されています。
また、三陸沿岸地域では、漁業、水産加工業や造船業などの地場産業が低迷し、今後、持続可能な地域経済をいかに実現していくかが大きな課題となっています。

一、原子力事故災害被災地域について

原子力事故災害被災地域の10年は非常につらい歳月でした。しかし、発災後10年でようやく福島浜通り地域など被災地にも曙光が見え始めています。
昨年3月にはロボットテストフィールドが全面開所し、一大開発実証拠点として注目を集めています。また、昨年10月には小名浜港国際バルクターミナルが供用開始され、燃料供給拠点としての機能が高まりました。

帰還困難区域については、特定復興再生拠点区域の避難指示解除に向けて、除染やインフラ整備が進んでいます。昨年3月には、JR常磐線の全線開通にあわせて、双葉町、大熊町、富岡町の特定復興再生拠点区域の一部で避難指示が解除されました。
特定復興再生拠点区域外については、地元や与党の提言も踏まえ、昨年末には土地活用に向けた避難指示解除の一つの新たなスキームが決定されたところです。

また、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉・処理水・汚染水対策、中間貯蔵施設の整備や除去土壌等の運搬・適正管理も困難な課題を乗り越え着実に進める必要があります。
加えて、福島県のみならず、宮城県・岩手県等においても依然として農林水産物等に対する風評被害があり、国内外の人々に向けて被災地の現状と人体への影響を正しく理解していただくための積極的な情報発信に努め、諸外国・地域の輸入規制の撤廃に向けた精力的な働きかけを行っていきます。

一、復興五輪開催にあたって

本年7月から、東京オリンピック・パラリンピック競技大会がいよいよ開催されます。安全・安心な大会を実現するとともに、「復興五輪」として、東日本大震災からの復興を世界に発信する機会にする必要があります。
3月25日には聖火リレーが福島県のJヴィレッジからスタートします。聖火リレーで使用されるトーチのデザインは、福島県の小学生が描いた桜の絵をヒントにして描かれたもので、トーチの燃料には福島県で作られる水素も使用されます。また、表彰式でメダリストに贈られるヴィクトリーブーケには、被災地で育てた花々、具体的には、福島県産のトルコキキョウ、宮城県産のヒマワリやバラ、岩手県産のリンドウ等が使われる予定です。
選手村では、被災地の食材や木材も活用されます。さらに、被災3県の各市町村では、ホストタウンとして各国の関係者を迎え入れることになっています。このような取組を通じ、被災地の復興に向かう姿や、世界中からいただいた支援への感謝の気持ちとおもてなしの心を込めた被災地のメッセージが世界中に伝わることを確信しています。

一、復興の姿の発信と、震災の記憶と教訓の後世への継承

原子力事故災害からの復興状況をはじめ、復興の進捗や被災地の状況について、「復興五輪」として開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会のほか国際会議等の機会を活用して、正確な情報をわかりやすく発信することが重要です。
また、東日本大震災と福島第一原子力発電所事故は、これまで人類が経験したことのない複合的な大災害であり、この記憶を風化させず後世に引き継ぎ、今後の防災・減災の教訓としていくことは今を生きる私たちの世代の責任です。
昨年9月には福島県双葉町に東日本大震災・原子力災害伝承館が開館し、今月28日には石巻市の南浜津波祈念公園が開園予定です。すでにオープンしている各地の震災遺構や伝承館などと連携し、震災の記憶と教訓を後世に引き継ぐ役割が期待されます。
また、国および地方による復旧・復興記録の収集・整理・保存等を通じて、得られた様々なノウハウ等を今後の災害対応に生かしていくことも重要です。

一、創造的復興

これまでの復興期間では、地震・津波、原子力事故災害で壊滅状態となっていた人々の生活基盤・産業基盤の復旧・復興に主眼が置かれ、おのずとハード面の整備が前提になってきました。インフラの復旧については、多くの方々のご協力を得て、ほぼ完了しました。

本年度までの「第1期復興・創生期間」では、おのずとハード面の整備が前提となっていましたが、本年4月からの「第2期復興・創生期間」では被災者の皆様の心のケアをはじめ、人材育成や教育・研究システムの構築など、ソフト面の強化が中心となっていきます。

第2期復興・創生期間においては、福島浜通り地域の「国際教育研究拠点」が大きな役割を担うことは間違いありません。
「国際教育研究拠点」は、国内外の英知を結集して、福島の創造的復興に不可欠な研究開発や人材育成を行い、発災国の国際的な責務としてその経験、成果等を世界に発信・共有するとともに、そこから得られる知を基に、日本の産業競争力の強化や、日本、世界に共通する課題解決に資するイノベーションの創出を目指す観点から、「創造的復興の中核拠点」としての機能を持つものです。
この新たな拠点の設立に向けて、政府与党一体となって取り組んでまいります。

一、むすび

令和3年度は、第2期復興・創生期間の初年度であります。自由民主党東日本大震災復興加速化本部としては、なお残る課題についての必要な支援を行い、本格的な復興・再生の段階に入った福島の原子力事故災害被災地域の復興に取組むことに加えて、単に震災前の状態に戻すのではなく、「創造的復興」を目指し、日本の将来の地平を切り拓いていきたいと考えます。
引き続き私たちは責任ある与党の一員として、被災者の皆様の声に真摯に耳を傾け、東日本大震災における経験と教訓を決して風化させることなく将来へと継承しつつ、中長期的な視点に立って将来の発展の方向性を間違うことのないように、責務を果たしていくことをお誓いし、東日本大震災10年のメッセージとしたいと思います。