ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

機関紙誌のご案内

「これを読めば自民党がわかる」をモットーに最新のトピックスを掲載している機関紙「自由民主」と女性誌「りぶる」。
総裁、党役員、閣僚などのインタビューなど、自民党本部や都道府県連の活動情報を掲載しています。

機関紙「自由民主」

ログイン 自由民主インターネット版

今週の「自由民主」

バックナンバーはこちら

機関紙「自由民主」『経済対策を閣議決定』第2867号(令和元年12月17日号)発行のお知らせ
政府は12月5日、一連の災害からの復旧・復興や経済の下振れリスクへの対応などを盛り込んだ経済対策を閣議決定しました。経済対策の柱は(1)災害からの復旧・復興と安全・安心の確保(2)海外発の経済下振れリスクへの対応(3)未来への投資と東京五輪・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持・向上―の3点で、いずれも党政務調査会での議論が数多く反映されています。党政調は経済対策の裏付けとなる今年度補正予算案と来年度予算案の編成に向けて精力的に議論を重ねてまいります。

機関紙「自由民主」のお申込み

機関紙「自由民主」

◆機関紙「自由民主」毎週火曜日発行
年間購読料5,200円(税・送料込)定価1部110円(税込)

お申込み

※機関紙「自由民主」は、雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」からもお買い求めいただけます。(クレジットカードでのお申込みが可能です)

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店
機関紙「自由民主」の画像です

「自由民主」インターネット版

本サービスは毎週一回発刊される「自由民主」をインターネットで購読できるもので、毎週木曜日に更新されます。バックナンバーもご覧になれます。

◆「自由民主」インターネット版 毎週木曜日更新
年間購読料5,200円

お申込み
「自由民主」インターネット版の画像です

月刊誌 りぶるのお申込み

女性ならではの、しなやかな発想で世の中を見つめ、国際情勢から国内の政治、経済問題、さらには日常の身近な問題まで、幅広い話題をわかりやすく解説します。

◆月刊誌 りぶる 毎月15日発行
年間購読料3,800円(税・送料込)定価一冊320円(税込)

お申込み

※2019年10月からの消費税率の引き上げに伴い、党機関紙誌の購読料の価格改定を行いました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ