ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

機関紙誌のご案内

「これを読めば自民党がわかる」をモットーに最新のトピックスを掲載している機関紙「自由民主」と女性誌「りぶる」。
総裁、党役員、閣僚などのインタビューなど、自民党本部や都道府県連の活動情報を掲載しています。

機関紙「自由民主」

ログイン 自由民主インターネット版

今週の「自由民主」

バックナンバーはこちら

機関紙「自由民主」『平成29年新春』2725号(平成29年1月3・10日号)発行のおしらせ
機関紙「自由民主」の2725号が20日、発行されます。恒例の「新年号」として、全16ページでお届けします。例年同様、読み応え十分な紙面のオンパレードとなりました。まず1面を飾るのは、穏やかな表情ながらも力強くアベノミクス加速への決意を訴える安倍晋三総理(総裁)です。正に新春を彩るに相応しい一枚の写真で幕を開きます。続く2面では、保岡興治党憲法改正推進本部長に、憲法改正について聞きました。改憲実現への期待が高まる中、どのように憲法改正をリードしていくのか。昭和30年から始まる、わが党の憲法改正に向けた取り組みも掲載していますので、併せてご覧いただければ、さらに理解が深まることでしょう。4面から5面にかけては臨時国会の目玉となった年金制度改革を取り上げました。とかしきなおみ党厚生労働部会長のインタビューを企画。わが国が世界に誇るべき年金制度を長く維持し、老後でも安心して暮らせるようにするために求められることは。改正のポイントはもちろん、臨時国会で「レッテル貼り」に終始し、議論を深めようとしなかった野党の問題点などを鋭く指摘しています。8面から9面にかけては、前回の新年号でも好評を頂戴した“新春座談会”を今回も企画しました。平成28年を代表するイベントの一つと言えば、やはりリオ五輪。いまだ興奮冷めやらぬ方も少なくないのでは、ということで今回のテーマとしました。東京五輪・パラリンピックへのカウントダウンが始まり、全世界が注目する中、成功に導くために今なすべきことは何か。キーパーソンと言っても過言ではない4者が一堂に会し、座談会が実現しました。12面、13面も同じく新春号の定番と言える「自民党に期待する」。4名の有識者に安倍政権の鍵を握る重要テーマ、①日米関係②トランプ政権と中国③「国土強靭化」の加速④自然災害対策――の4点について寄稿をお願いしました。15面では「若者の主張」と題し、わが党の学生部で活動している全国の大学生7名にメッセージを寄せてもらいました。北は北海道から南は熊本まで。「18歳選挙権」の実現により、これまで以上に若者への訴えが重要になる中、次代を担う新有権者等の若者たちは、わが党や政治から何を感じ、どのような問題意識を持っているのでしょう。締めくくりの最終16面には、二階俊博幹事長が満を持して登場します。その名も「幹事長 二階俊博論」。安倍総裁も「百戦錬磨。自民党で最も政治的技術を持った方」と評する二階幹事長の手腕には、政治の安定を継続するため内外から寄せられる期待は高まる一方です。新春に際し、全国の党員・党友、「自由民主」読者の皆さんには是非ともお読みいただきたい内容となっています。

機関紙「自由民主」のお申込み

機関紙「自由民主」

◆機関紙「自由民主」毎週火曜日発行
年間購読料5,100円(税・送料込)定価1部108円(税込)

お申込み

※機関紙「自由民主」は、雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」からもお買い求めいただけます。(クレジットカードでのお申込みが可能です)

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店
機関紙「自由民主」の画像です

「自由民主」インターネット版

本サービスは毎週一回発刊される「自由民主」をインターネットで購読できるもので、毎週木曜日に更新されます。バックナンバーもご覧になれます。

◆「自由民主」インターネット版 毎週木曜日更新
年間購読料5,100円

お申込み
「自由民主」インターネット版の画像です

月刊誌 りぶるのお申込み

女性ならではの、しなやかな発想で世の中を見つめ、国際情勢から国内の政治、経済問題、さらには日常の身近な問題まで、幅広い話題をわかりやすく解説します。

◆月刊誌 りぶる 毎月15日発行
年間購読料3,700円(税・送料込)定価一冊310円(税込)

お申込み

▼ガイド版はこちら。
(PDF 3.03MB)

月刊誌 りぶるのガイド版(PDF)です
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ