力強い外交・防衛で国益を守る

力強い外交・防衛で国益を守る

地球規模の課題解決に向けて、国際社会の結束やルールづくりを主導するとともに、
わが国の安全・国益を守ります。

力強い外交・防衛

  • 日米同盟をより一層強固にし、ゆるぎない防衛力を整備することで、 国民の命や平和な暮らし、領土・領海・領空を守り抜きます。
  • 米国、豪州、インド、ASEAN、欧州など普遍的価値を共有する国々との連携を強化し、「自由で開かれたインド太平洋」を実現します。
  • 米国はじめ国際社会と緊密に連携し、北朝鮮の核・ミサイルの完全な放棄を迫るとともに、最も重要な拉致被害者全員の帰国を目指します。
  • ロシアとは領土問題を解決し、日露平和条約の締結を目指します。
    中国等の近隣諸国とは、わが国の国益を十分踏まえた外交を展開し、戦後日本外交を新たなステージに導きます。

「力強い外交・防衛で国益を守る」に関する主な政策

(2019年7月現在)

国際協調主義に基づく積極的平和主義のもと、日米同盟を基軸に、豪州、インド、ASEAN、欧州など普遍的価値を共有する国々との連携を強化し、「自由で開かれたインド太平洋」など地球儀を俯瞰する外交をさらに力強く進めます。

北朝鮮に対し、制裁措置の厳格な実施とさらなる制裁の検討を行うなど国際社会と結束して圧力を最大限に高め、関係国政府・議会および国連に対する連携や働きかけを強化します。これらを通じ、核・ミサイル開発の完全な放棄を迫り、あらゆる手段に全力を尽くして拉致被害者全員の即時一括帰国を目指します。

歴史認識等を巡るいわれなき非難への断固たる反論をはじめ、わが国の名誉と国益を守るための戦略的対外発信を強化するなど、韓国・中国等の近隣諸国との課題に適切に対処します。

わが国固有の領土である北方領土問題の解決に向け、ロシアとの平和条約締結交渉を加速します。竹島・尖閣諸島等のわが国固有の領土・主権に係る第三者研究機関を設置し、歴史的・学術的な資料等の調査を深め、常設展示館を拡充するなど、国内外への情報発信をさらに強化します。

中国の急激な軍拡や海洋進出、北朝鮮の核・ミサイル開発など、わが国を取り巻く安全保障環境が激変する中、専守防衛を旨とし、国民の命や平和な暮らし、領土・領海・領空を断固守り抜くため、万全の態勢を構築します。

平和安全法制により可能となった、あらゆる事態への切れ目のない対応や邦人救出等の任務に関し、態勢構築や能力向上を着実に進めます。また、日米同盟や友好国との協力を不断に強化し、わが国の抑止力の向上を図ります。国際社会の平和と安定の確保にも引き続き積極的に貢献します。

新たな「防衛計画の大綱」・「中期防衛力整備計画」に基づき、宇宙・サイバー・電磁波等の新領域における自衛隊の体制を抜本的に強化しつつ、陸海空の従来領域と新領域を横断した「多次元統合防衛力」の構築を推進します。

統合防空ミサイル防衛(IAMD)の構築を含め、わが国の弾道ミサイル対処能力を進化させるとともに、水陸両用作戦をはじめ南西地域の統合運用の能力向上等を通じて島嶼防衛を強化するなど、重大かつ差し迫った脅威や不測の事態に対処できる態勢を整備します。また、住民避難訓練の成果を踏まえ、あらゆる事態を想定した国民保護の態勢を確立します。

もっと見る