ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会・役員連絡会後 二階幹事長記者会見

2019年9月3日(火)10:30~10:37
於:党本部平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(稲田筆頭副幹事長)

本日の役員会の概要報告を行います。
安倍総裁からは、九州北部豪雨の対応について、党としっかり連携しながら、現場主義で、一日も早い被災地の復旧に全力を尽くす。明日から、ウラジオストクでの東方経済フォーラムに出席し、日露外交の更なる前進を図る考えだ。私の留守中も、党と連携しながら、緊張感を持って危機管理に当たる。参院選で頂いた国民の皆様の力強い支持と信任、負託にしっかりと答えていくため、人事を刷新し、「安定と挑戦」の強力な布陣を敷きたいと考えている。そのため、党役員人事及び内閣改造を、来週9月11日に行いたいとのご発言がございました。
森山国対委員長からは、厚生労働委員会の筆頭間で、野党から、先週公表された公的年金の「財政検証」などについて閉会中審査を開くよう要求があり、引き続き筆頭間で協議していく。九州北部を中心とした豪雨災害については、状況を見ながら災害特の現場で対応していきたいとのご発言がございました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

私の方からは、人事については当然でありますが総裁に一任することを提案し、全会一致でこれが了承されました。これまでの党運営へのご支援ご協力に感謝申し上げたところであります。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信です。総裁から、来週11日に人事を刷新して、安定と挑戦の強力な布陣を敷くとの発言がありました。この総裁の意気込みを受けて、改めてどのような人事を行うべきとお考えでしょうか。
Answer
これはもう総裁にご一任でございますから、私の方からとやかく申し上げることはありませんが、前々から申し上げているとおり、党が結束して円満な国政運営、国民の期待に応える、このことに腐心をして多いに頑張っていただきたいと、関係の皆さんの奮起を期待するものであります。
Question
時事通信です。今日は一任を取り付けるという形になりましたが、総理から幹事長に対して、人事について何らかのお話はありましたでしょうか。
Answer
特にありません。
Question
日本経済新聞です。役員会の前に、安倍総裁と二人でお会いになっていらっしゃいましたか。
Answer
お会いしました。
Question
日本経済新聞です。その時、人事の相談についてのお話はありましたか。
Answer
そういう細かい話はしておりません。
Question
TBSです。明後日、安倍総理はウラジオストクで日露首脳会談に臨まれます。平和交渉の締結に向けては、ロシアは急いでいないようにも見受けられます。安倍総理に期待することを教えてください。
Answer
われわれは常々、総理の外交に全面の信頼を寄せている。ご支持を申し上げているわけです。その範囲において、総理がご判断されるだろうと思っております。
Question
時事通信です。今回の内閣改造、党役員人事については11日という日程です。この日になった理由や背景について、どのように考えておりますか。
Answer
特に存じておりませんし、特別関心を持っておるわけではありません。総理の御一存でお進めいただければ結構です。
Question
毎日新聞です。内閣改造に関して、現在は女性の閣僚が一人です。女性の閣僚の数について、どのように考えておられますか。
Answer
私は、女性の閣僚の数ということは一つの目安というか、マスコミ的な見方からしても焦点の一つだと思いますが、女性を何名なんていうこと自体が私は失礼なことで。男性も女性も合わせて内閣あるいは党役員等に、最高の布陣を敷くことが常に大事なことであって、女性であれ男性であれ私は特に関心はありません。
Question
共同通信です。幹事長は繰り返し、人事については円満な運営を心掛けてほしいということを仰っておられます。具体的に、どのような点に配慮されれば円満な運営が可能になるというふうにお考えでしょうか。
Answer
それは総理ご自身がお考えになることであって、われわれがそこまで口出しする必要は無いと思っています。
Question
フジテレビです。人事について総裁からは無かったということですが、改めて、幹事長ご自身の人事が今回の焦点の一つになっていることについて、どのようにお考えでしょうか。
Answer
私は特に関心を持っておりません。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ