ニュースのカテゴリを選択する

記者会見国会新型コロナウイルス知事選挙

役員連絡会後 二階幹事長記者会見

2021年5月5月18日(火)10:31~10:41
於:党本部平河クラブ会見場

二階幹事長

MOVIE

【冒頭発言】(山口筆頭副幹事長)

本日の役員連絡会の概要を報告いたします。
森山国対委員長からは、立憲と共産から義家法務委員長解任決議案が提出されており、今後も厳しい抵抗が予想される。本日13時からの本会議では、まず法務委員長解任決議案を処理し、続いて、情報監視審査会の年次報告と、議了案件の採決を行う。
末松参院国対委員長からは、本日は8常任委員会が開かれる予定。
山口選対委員長からは、静岡県知事選挙については、皆様のご支援・ご協力を宜しくお願いする。
下村政調会長からは、今週の政審は、本日と木曜に開催する。
佐藤総務会長からは、総務会は本日11時より開催する。
有村広報本部長からは、新型コロナワクチンの大規模接種会場の受付が昨日より始まったことを受け、昨日夜に、河野ワクチン担当大臣と広報本部長との対談番組をカフェスタで公開した。

【冒頭発言】(二階幹事長)

国会は会期末まで、一か月を切ったわけであります。残された重要法案を着実に成立させるため、一層のご協力をお願いしたいと思います。
緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の対象地域が、更に追加されるなど、新型コロナウイルスは各地で、なお猛威を奮っている現状であります。引き続いて、感染拡大防止と全国でワクチン接種が迅速に進むように、党としても可能な限りの協力をしてまいりたいと申し上げました。

質疑応答

Question
毎日新聞です。昨日の会見での河井さんの事件についての発言について確認させていただきたいのですが、昨日1億5千万円の支出について、「当時、私は関係していない」と仰いました。それは、党本部から河井さんの支部に対して1億5千万円が振り込まれたこと、そのものに関係していないと仰っているのか、それとも1億5千万円が支部の方でどのように使われたかということに関して関与していないと仰ったのか、どちらでしょうか。
Answer
党務としての党全般の責任は、私にあることは当然のことでありますが、収入支出の最終判断をしているわけであって、個別の選挙区の選挙戦略や支援方針については、それぞれ担当において行っているということであります。それ以上でも、それ以下でもありません。
Question
フジテレビです。三原厚生労働副大臣が、先週の厚生労働委員会において国会対応を優先すべきところ、他の公務を優先して厚生労働委員会に無断で遅刻をしました。三原 副大臣は先ほど、このことを国会で陳謝しましたが、受け止めをお聞かせください。
Answer
ご本人が、そういう責任において陳謝したということであれば、そういうことで良いのではないか。その行為が良いと言っているわけではないです。そういうことで、済んでいるのではないかということを言っています。
Question
毎日新聞です。1億5千万円の件なのですが、個別の選挙区の選挙戦略は担当によって行われていたと、昨日、林代理も当時の選対委員長が詳しいことはご存じだというお話でしたが、そうすると当時の選対委員長であった甘利議員にも、この1億5千万円の使途に関しての説明責任があるとお考えでしょうか。
Answer
(林代理): 色々、幹事長がそういう発言をしているのだから、根掘り葉掘り、あまり党の内部のことまで踏み込まないでもらいたいと思います。
Question
朝日新聞です。今の関連なのですが、「事態をはっきりさせておくために言った」と、昨日説明されたと思うのですが、そのご真意についてお聞かせください。
Answer
真意はそれ以上でも以下でもない。その言葉の通り。
Question
NHKです。入管法の改正案についてお伺いします。森山国対委員長の発言の紹介でもありましたが、今日の本会議で解任決議案が処理される予定なのですが、与党側としては明日委員会での採決を目指しています。今後、大臣の不信任案等を野党側が出してくる可能性がありますが、参議院での審議日程等も考慮すると、明日採決ということで与党側は、臨む方針ということなのですが、明日の採決に臨む必要性についてどのようにお考えでしょうか。
Answer
これはルールに従って、もちろん内容について現場に委ねているわけですから、十分調整して参りますが、現場の状況を見て臨機応変に対応していくということに、尽きるのではないですか。
Question
テレビ朝日です。オリンピックについて伺います。各社、世論調査をやる度にオリンピックの中止や延期を求める声が増えていって、8割ぐらいあるのですが、こういった状況をどのように受け止めていらっしゃいますか。
Answer
オリンピックは関係者の皆さん、特に選手の皆さんは長い間ですね、ある意味ではこのチャンスを目指して、若い頃から子供の頃から生涯かけて、一生懸命この日を目掛けて努力してこられたわけですから、私どもが考えて簡単にやめるだの中止だの延期だのというのではなく、事態をじっくり見て、専門家のご意見等を聞いてですね、後々憂いの無いように判断していきたいと思います。
Question
時事通信です。入管法の関連なのですが、先ほど幹事長は現場の対応で、臨機応変に対応すると言われましたけれど、例えば、今国会での採決の見送りであったり、明日の採決の見送りということも可能性としてはあるというお考えでしょうか
Answer
それは現場の意見をよく聞いて対応します。十分現場と調整して参りたいと思います。
Question
共同通信です。新型コロナの関連で、先日、内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授が、コロナの感染状況に関してツイッターで「この程度のさざ波、これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿したのですが、その後、釈明はされましたが、謝罪はされていない状況なのですが、今のコロナの感染状況について、「さざ波」という表現を使うことは適切かどうか、ご意見をお聞かせください。
Answer
そういう人の発言まで、私が一々注釈したり、あなたの質問に釈明する必要ありますか。ご本人に聞いてください。