ニュースのカテゴリを選択する

政策テクノロジー人権

インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の更なる対策に向けて

表現の自由等に十分配慮した上で、被害者等からのヒアリング、諸外国との法制比較、現行法の実態把握等を行った。明らかな被害に早急かつ有効な対策を講じるため、被害者、加害者、ネットユーザー、プロバイダ等関係者の立場を踏まえ、次期臨時国会を念頭に法改正及びその他必要な対応を早急に行う。

PDF

インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の更なる対策に向けて

PDF形式(702KB)