ニュースのカテゴリを選択する

能登半島地震発災後、過去の災害の経験を踏まえ、環境省は1月5日、石川県、日本獣医師会、ペット災害支援協議会等と連携した支援体制を確保し、同6日には同省職員を現地派遣する等、被災者の救護・支援の観点からペットに関する対応を速やかに実施しています。

ペットの安全確保 普段から備えを

飼い主が普段からペットの基本的なしつけや健康管理をし、ペットをさまざまな環境に慣らしておくことが、災害時の備えの基本になります(詳細別掲)。避難する時は、ペットと同行避難ができるよう、日頃からケージに入ること等に慣れさせておくことも必要です。

長期化する避難生活 被災者のペットに寄り添う

こちらの記事全文は「自由民主」インターネット版に掲載されています。
ご購読のお申し込みはこちら。