ニュースのカテゴリを選択する

お知らせ「自由民主」先出し令和6年能登半島地震災害

能登地震「被災者の生活と生業支援のためのパッケージ」決定

能登地震「被災者の生活と生業支援のためのパッケージ」決定

「被災者の生活と生業支援のためのパッケージ」を決定した政府の令和6年能登半島地震非常災害対策本部

政府は1月25日、令和6年能登半島地震非常災害対策本部を開き、「被災者の生活と生業(なりわい)支援のためのパッケージ」を決定しました。
支援パッケージは、緊急に対応すべき施策をわが党の第1次提言等も踏まえながら取りまとめたもので、(1)生活の再建(2)生業の再建(3)災害復旧等―の3つの柱で構成。2次避難でホテル等を利用する際の上限額を1人当たり1泊7千円から1万円に引き上げることや、被災中小企業の施設等復旧に石川県で最大15億円、富山、福井、新潟は最大3億円を補助すること等を明記しました。また、観光振興策策として、1人1泊2万円を上限に旅行代金を補助する「北陸応援割」の創設も盛り込みました。
会見に臨んだ岸田文雄総理は「被災地、被災者の立場に立って、できることは全てやる。こうした決意で被災者の生活と生業の再建支援に全力で取り組んでいく」と決意を述べました。

能登地震「被災者の生活と生業支援のためのパッケージ」決定

復旧・復興に向けた第1次提言を岸田文雄総理に手渡す茂木敏充党令和6年能登半島自身対策本部長(中央左)

能登地震「被災者の生活と生業支援のためのパッケージ」決定

こちらの記事全文は「自由民主」インターネット版に掲載されています。
ご購読のお申し込みはこちら。