ニュースのカテゴリを選択する

お知らせ総裁選2021総裁選

総裁選「9月17日告示・同29日開票」で決定

総裁選「9月17日告示・同29日開票」で決定

MOVIE

自民党は8月26日、任期満了に伴う総裁選を「9月17日告示・同29日開票」の日程で行うことを決定しました。この日程は同日の党本部総裁選挙管理委員会(委員長・野田毅衆院議員)で協議の上、総務会で了承され、野田委員長が記者会見で公表しました。

今回の総裁選は任期満了に伴うものであり、総裁公選規程に基づき実施されます。党所属国会議員による「議員投票」と党員・党友による「党員投票」の合計票数で争います。

議員投票は1人1票で、8月26日現在の党所属国会議員は383人。投開票は従来党本部で行ってきましたが、今回は新型コロナウイルス感染対策のため、都内のホテルで行います。

一方、党員投票の締め切りは同28日となります。同29日に党都道府県支部連合会で集計した各候補者の得票数を党本部で合算。各候補者の得票数を基に、党所属国会議員数と同数の「総党員算定票」をドント方式で各候補者に比例配分します。

総裁公選規程で定められた党員投票の選挙人は、20歳以上の日本国民で、前2年(平成31年・令和元年、令和2年)の党費・会費を納入した党員、自由国民会議会員、国民政治協会会員(以下、「党員等」)です。今回はそれに加え、特例措置として、日本国籍を有し、令和2年に新たに党費・会費を納入した党員等にも選挙権を付与します。記者会見で野田委員長は、この特例措置について「開かれた総裁選」「入党促進」などの見地から導入することを強調しました。

総裁選は議員投票の有効投票数と総党員算定票を合計した数の過半数を獲得した候補者が当選者となります。過半数を獲得した候補者がいなければ、上位2人の候補者による決選投票を行います。

総裁選「9月17日告示・同29日開票」で決定