ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

政府与党協議会後 二階幹事長記者会見

2019年10月28日(月)12:43~12:54
於:院内平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(稲田幹事長代行)

先ほどの政府与党協議会の概要報告を行います。
菅官房長官より、経産大臣の辞任に関し大変なご迷惑をお掛けした。お詫び申し上げる。政府としてより一層緊張感を持って取り組んでいくとのご発言がありました。
森山国対委員長からは、経産大臣辞任の影響で先週25日に予定された各委員会は流会となったが、断続的に立国社と国対委員長会談を行った結果、今週は正常に日程協議ができるようになった。まずは内閣、法務、安保の各委員会で「給与法」の処理を急ぎたい。次回の本会議は31日に予定している。野党には「会社法」の趣旨説明質疑を行うよう提案しており、明日29日の議運理事会で決定する予定である。また11月1日(金)も本会議を予定しているのでご協力をお願いしたいとのご発言がありました。
末松参議院国対委員長より、経産委員会の店開きは現在筆頭間で協議中である。明日はこれ以外の4委員会で店開きがなされる方向ではないかとのご発言がありました。
世耕参議院幹事長より、吉田前参議院幹事長の逝去、大変残念でお悔やみ申し上げる。多くの薫陶を受けて来た。その精神を受け継ぎ、参議院自民党をしっかりと導いていけるように努力していきたいとのご発言がありました。
また、最後に菅官房長官からは、大規模災害が頻発している現在、国土強靭化3か年計画を実施しているが、電柱の倒壊や大規模水害等の新たな被害を想定した対策を検討していきたいとの発言がございました。

【冒頭発言】(二階幹事長)

台風15号、19号等の被害は極めて深刻であります。応急復旧は各地で進んでいるものの、甚大な浸水被害を受けた地域では、家屋に入った汚泥の洗浄や乾燥、家財道具の搬出等で大変なご苦労の最中にあります。生活支援のニーズも多様化して来ることから、党としてもきめ細かい対応を行う必要があると考えております。わが党は今後、6班程度の編成をして現地に国会議員を派遣し、これに対応していきたいと思っております。
朝晩の厳しい寒さも加わって来ており、特に、避難所の皆さんへの配慮も忘れてはならない。当然、大規模補正の重要性も今言われておりますが、私はこれが特に重要であると考えております。


以上です。

質疑応答

Question
毎日新聞です。菅官房長官からも発言がありました、菅原前経産大臣の秘書が地元有権者に香典を渡した件を巡って先週辞任されました。この受け止めをお願いします。
Answer
誠に残念なことでありますが、現実はそういうご判断に基づいて、速やかな対処をされたものと思っております。今後こういうことが無いように、党としても全体に引き締めてまいりたいと思っております。
Question
毎日新聞です。野党からは、菅原氏については議員辞職すべきだと指摘する声もあります。その必要性について、どうお考えでしょうか。
Answer
そこは十分党内でもよくご相談してまいりたいと思っています。
Question
時事通信です。昨日、参議院埼玉選挙区の補欠選挙の投開票が行われまして、上田前知事が当選されました。この受け止めをお願いします。
Answer
上田さんの実績からして、私は当然の結果だと思っておりますが、県内、関係者の皆さんの大変なご努力をいただいたことを、党として感謝申し上げたいと思います。これからはご本人の活躍に、党としても全面的にお支えしてまいりたいと思っております。
Question
時事通信です。上田氏を全面的に支えていきたいという発言がありました。それは今後、例えば自民党入りや会派入りというものを求めていくようなお考えでしょうか。
Answer
それはご本人がどうお考えになっているかということであって、当方が一方的にどうだということでは無くて、全面的にお支えするというのは、党に入っていただくことだけが全面的でなはありません。どこにおられても、全面的に支えていくということはあり得ることだと思います。
Question
テレビ朝日です。菅原前経産大臣について、辞任後に記者の前で簡単なぶら下がりには応じましたが、それ以外では詳細な説明はしておりません。説明責任について、現時点ではいかがお考えでしょうか。
Answer
それはご本人がご判断されることです。
Question
毎日新聞です。参議院埼玉選挙区の補欠選挙について、上田氏が会派入り等どういう判断をするのかということでしたが、上田氏は、当選後はしばらく無所属でいる、その上で、限界を感じたら政党や会派に入ることもあると発言されました。上田氏が自民党入りを希望した場合、どのように対応されますか。
Answer
希望して入党をお願いしたいということを言って来たら、その時点で考えます。
Question
朝日新聞です。萩生田文科大臣の発言について、民間の英語試験の大学入試への導入について平等性が問われている中で、身の丈に合わせて頑張っていただければというような発言でした。野党から批判も出ておりますが、どのようにお考えでしょうか。
Answer
大学入試とは専門性があることですから。政治の場から一口にどうだこうだと言うべきではなくて、良くその専門家の間でもご議論いただいて、良い方向に持っていただくことが理想的だと思います。
Question
毎日新聞です。菅原前経産大臣の辞任について、大臣就任から1か月の辞任となりました。第一次安倍政権の時は、大臣の辞任から追い込まれた部分もありましたが、政権運営に対する影響はどのように考えておりますか。
Answer
無いと言えば嘘になりますが、そのことで政権運営がすぐ特に何か支障がきたすということはありません。
Question
信濃毎日新聞です。吉田前参議院幹事長が亡くなりました。人となりも含めて、受け止めをお願いします。
Answer
吉田博美先生というのは、皆さんもご承知のとおり大変幅の広い立派な政治家であった。私も友人として長くお付き合いをいただいただけに、このご逝去を大変残念に思うと同時に、一口申し上げて、早過ぎるではないかということを申し上げたいと思います。しかし、こうなった以上、心からご冥福をお祈りすると同時に、残された縁で、何か党が役に立つことがあったら積極的にご相談に応じていきたいというふうに思っております。
Question
朝日新聞です。参議院埼玉選挙区の補欠選挙について、今回の結果は上田氏が100万票を超えたのに対してN国党の立花氏は16万票前後でした。立花氏は今後、海老名市長選挙にも立候補するという意向を示しておりますが、こうした政治手法や大差となった選挙の結果についていかがお考えでしょうか。
Answer
私どもは自民党の中での政治のこと選挙のことを常に考えて、国民の期待に応えたいと思っておりますが、他の政党やグループから立候補される方々について、論評をする立場ではありません。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ