ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

政府与党協議会後 二階幹事長記者会見

2019年10月1日(火)12:53~13:01
於:院内平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(稲田幹事長代行)

本日の政府与党連絡会議の報告を行います。
冒頭の総理の発言については、報道の頭撮りがあったので詳細は省略しますが、大胆な発想で結果を出していく国会としたい。一連の豪雨災害に対し、激甚災害指定を行った。特に屋根瓦による家屋の損壊に最大限支援する。また18号への対策を万全にしたい。22日の即位礼正殿の儀を厳粛に執り行いたい。日米首脳会談の報告、国内手続きをお願いする。また農家や中小小規模事業者への不安に対処する。本日から消費税の引き上げがスタートするなどでございます。
岸田政調会長からは、政府は参議院選のお約束の着実な実行をお願いする。全世代型社会保障についても、党として後押しをする。災害には迅速な対応が必要であり、党としても全力で協力するとのご発言がありました。
その他、安倍総理からは自公20年、公明党の皆様に感謝する。まさに風雪に耐え、ビューティフルハーモニーを奏でることになった。今後ともよろしくお願いをしたい。日米の最終合意は正しく与党の皆様のおかげだ。日米、TPP11、日EU等を順調に進めることが出来たとのご発言がございました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

先般の夏の参議院選挙で、われわれ自民党が勝利を得させていただいた。国民の皆様の期待に応えていく、これが今回の国会だと思っております。政府与党しっかり連携をして、実のある国会にしたいということに努力をしたいと思います。
憲法の議論についても、いよいよ全国各地でも憲法に対しての議論がこれから始まっていくわけでありますが、自民党は各地での憲法集会を積極的に開催して、国民の皆様の、1人でも多くの皆さんのご理解を得られるように努力をしていきたいと思っております。
自公はご承知のとおり、まもなく20年を迎えるわけであります。政治の安定ということは何よりも重要なことでありますが、20年の安定を過ごすことが出来たというのは、世界的にもほとんど例を見ないぐらい特筆すべきことであるというふうに思っています。マスコミの皆さんのご協力や国民の皆様のご声援や、色んな方々のお力を頂戴して今日があると思っておりますので、この気持ちを忘れずにわれわれは政治の安定に向けてしっかりした足取りで取り組んでいきたいと思っております。よろしくお願いを申し上げます。

以上です。

質疑応答

Question
朝日新聞です。先週、岸田政調会長と夜に会合を行われました。今後も、各派閥と意見交換を重ねていくということですが、臨時国会前に連携を深めることの狙いを教えて下さい。
Answer
それはなんでもないことです。今までは多忙を極めておったのでそういう時間がなかったのですが、時間があればそういう機会をもって、各派の意見をわれわれは伺っておるということが大事だと思っております。謙虚に運営してまいりたいと思っております。
Question
毎日新聞です。衆議院の残りの任期が約2年となりますが、消費増税がこの解散の時期に影響を与える可能性について、どのようにお考えでしょうか。
Answer
消費増税の問題と任期や解散とかという問題を一々そんな考えていけばね、解散なんかできっこないじゃないですか。そういう意味では、そのことを念頭に置くことは政治として当然ですけれども、それにしょっちゅう囚われているわけでは無い。
Question
読売新聞です。消費増税に関連して、政府与党として補正予算を組むなどの追加の経済対策を行うなどの検討はありますでしょうか。
Answer
これは必要に応じて、ありとあらゆる方策を講じて、国民の皆さんに不安な気持ちを抱かせないように努力をしていきたい。これはしっかりした対応をしていきたいと思っております。
Question
毎日新聞です。昨日、国民民主党の櫻井充参議院議員が離党届を提出しました。櫻井氏は、受け入れてくれる政党があればお世話になる。その一つが自民党であることは間違いないと言及し、将来的な自民党入りの可能性も示唆しています。幹事長はこれまで長島氏や鷲尾氏など、旧民主党や旧民進党出身者の入党も受けいれて来ましたが、今回の発言をどう受け止めますか。
Answer
直接お話を伺ったわけでもありませんから。お話があれば、その段階でお聞きしたいと思います。
Question
時事通信です。確認ですが、埼玉県の参院選の補欠選挙について、自民党として候補者を擁立しないということは、対応としては自主投票ということでよろしいでしょうか。
Answer
これは埼玉県連から詳しく報告を聞きたいと思っております。県連には県連のお考えがあるんだろうと思いますが、出来るだけこうした選挙はそれぞれの県連のお考えを重要視して考えて行きたいと思っております。
Question
毎日新聞です。出馬を表明されている上田前知事の政治手腕や実績等についてどう評価されていますか。
Answer
これは今日まで立派にやって来られたんじゃないかと思っておりますが、今後も今までの延長線上に、彼は彼なりの活躍をされていくだろうというふうに思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ