ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階幹事長記者会見

2019年8月6日(火)11:43~11:54
於:党本部平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(金田幹事長代理)

本日の役員連絡会の概要報告を行います。
森山国対委員長からは、第199回臨時国会は昨日閉会した。改めて感謝申し上げる。なお、野党から内外の様々な問題について、予算委員会をはじめいくつかの委員会で閉会中審査を求められているが、各現場において協議をしていくことにしているという報告がございました。
西田参議院国対委員長代行からは、閉会中は何があっても対応できるよう緊張感を持って対応していく旨の発言がございました。
関口参議院会長からは、埼玉県、岩手県知事選に参議院として総力を挙げて戦ってまいりたい。ご支援ご協力をお願いする旨の発言がございました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

北朝鮮は、今朝も2回飛翔体を発射したとの情報があります。短距離弾道ミサイル等の発射が再び相次いでいる状況に、国民も不安の感を深めておるわけであります。国民の生命・財産を守ることは、政府はもとより、政治の重大な責任であります。政府と緊密に連携し、対応に万全を期してまいりたい。
13日と20日の役員会・役員連絡会は取り止めとし、緊急のことが無い限り次回は27日に役員連絡会を行う予定であります。
埼玉県知事選挙、岩手県知事選挙の必勝に向けて、ご支援をお願いする。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信です。役員連絡会後に、北朝鮮の飛翔体発射を受けた対策本部の役員会が開かれましたが、その場で出たご意見や、どのような点を確認されたか、ご紹介をお願いします。
Answer
これは内外に全て明らかにすべきことではありませんが、昨日に引き続いての会議の招集ということになりました。誠に遺憾な事態というほかはありません。北朝鮮は国際社会の制裁をよそに、着々と実験を繰り返し、新型ともいわれる弾道ミサイル関連兵器の性能と完成度を高めている状況であります。わが国に対する脅威は確実に高まっている状況と判断せざるを得ない。それはとりもなおさず北東アジア地域の緊張がこれまでにも増して高まっていることを意味するものであります。政府はこの事態をどう認識しているのか、国連制裁をさらに強めていく具体的な方策を持っているのか、米国としっかり状況を共有し更なる展開が必要な場合は共同に対処する準備はできているのか、確認しておくべき論点は多い。本日はしっかりとそういう点で皆と議論をしたいということを申し上げてまいりました。
Question
時事通信です。政府側からは防衛副大臣と外務政務官、そして官房副長官が出席しました。政府側の対応について、本日はどのように認識されておりますか。
Answer
政府はお立場上、内容について大変機微な問題でありますから、詳細にわたっての説明は出来ない状況でありますが、われわれのこうした疑問あるいは質問、憂慮に対して、政府としてはしっかり受け止め対応をすると、こういうことでありましたから、しばらく見守っていきたいと思っています。
Question
北海道新聞です。幹事長からもお話がありました「わが国に対する脅威が確実に高まっている。北東アジア地域の緊張がこれまでに増して高まっている」という発言に関して、これは党としての見解なのか、防衛省から示された政府側の認識か、どちらでしょうか。
Answer
党としての認識であります。
Question
北海道新聞です。こうした中でも、政府は無条件で北朝鮮と向き合う姿勢を変えておりませんが、こうした方針についてはどうお考えでしょうか。
Answer
われわれ党の考え方を、政府は十分参考、尊重しながら対応するだろうと思っております。
Question
共同通信です。幹事長は対策本部の発言で、国連制裁を強めるつもりはあるのかというふうに政府に話されたと思います。国連制裁を強める必要があるとお考えでしょうか。
Answer
国連制裁を含めてですね、われわれは武器を持っていないわけですから、武力で云々するわけにはいかないんですから。国連等の機関を通じて厳重に対応していくということは、党としての重大な責任、責務だと思っております。
Question
時事通信です。昨日、立憲民主党の枝野代表が国民民主党の玉木代表と対談を行い、立憲会派に入るように国民側へ打診しました。野党側の塊を作る動き、結集を作る動きについて、どう見ておられますか。
Answer
直接内容について詳しく聞いておりませんし、それに対して重大な関心を持っているわけでもありませんが、野党は野党としてのそうした動きをされるであろうというぐらいのことは想像がつくわけですから。どういう結果が出るか見守っていきたいと思っております。
Question
時事通信です。今回の野党の動きは、自民党としての国会運営についてなにか影響を与えるものと見ておりますか。
Answer
全く影響が無いと言ってしまえば身も蓋もありませんが、そう重大な影響があるとは思っておりません。
Question
テレビ朝日です。新潟県の石崎徹議員に関して、一部報道では警察から事情聴取を受けたというものが出ております。これについて何か情報が入っておりますでしょうか。また、事情聴取を受けている場合には、今後、党としてどのような対応をされますか。
Answer
詳しい報告は聞いておりません。したがって、またいつか機会を見て本人からの報告があるでしょうから、それを聞いた上にしたいと思います。
Question
NHKです。経済について、米中貿易摩擦への懸念で、株価が下落している状況があります。これが経済に与える影響をどう見ておりますか。
Answer
これは日本経済に極めて重大な影響を及ぼすとすれば、われわれ党もこれに関心を強くして、今後対応していかなければならないというふうに思っております。
Question
NHKです。今回の株価下落について、中国が自国の輸出を有利に進めるために通過安に意図的に導いているということをアメリカが指摘して、為替操作国というものに指定したことも一因になっているという見方があります。こうしたアメリカ側の中国に対する対応についてはどうお考えでしょうか。
Answer
アメリカの対応はアメリカの対応ですが、われわれはもう少し冷静に判断していきたいと思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ