ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 林幹事長代理記者会見

2019年3月26日(火)10:34~10:39
於:院内平河クラブ会見場

林幹事長代理

【冒頭発言】(林幹事長代理)

二階幹事長は所要のため、私から役員連絡会の概要報告をいたします。
各役員の発言は昨日とほとんど変わりませんので、幹事長の発言をいたします。今週金曜日からは、全国41の道府県議会選挙、17の政令市議選挙が告示される。いずれも4月7日が投票だ。必ず勝利し、安定した政治基盤のもとで、内外の諸課題に取り組むことが自由民主党・安倍内閣の使命である。一丸となって戦いたいと思います。よろしくお願いしますという発言でございました。

以上です。

質疑応答

Question
朝日新聞です。今回は政治分野における男女共同参画推進法が出来てからの初めての選挙となります。自民党としての女性候補の擁立に向けた取り組みなどを教えて下さい。
Answer
まず幹事長の考え方は、本人の意思が大事なので、本人がまず選挙戦に臨む心構えとして、何をおいても勝ち上がるという姿勢が大事だということを常に言っていますし、党大会で示したものをポスターにして、各県連あるいは衆参の議員、そしてまた候補者に行き渡るようにケアしたところでありますので。まず、候補者たるもの男性も女性も自分がまずしっかりと戦う姿勢を示すというのが大事だというふうに思っております。
Question
朝日新聞です。自民党の場合は、現職が多い中でなかなか女性候補が増えにくい状況にあると思います。これについてはいかがお考えでしょうか。
Answer
女性だからといって特別じゃなくてですね、やはりやる気がある者はどんどん出て来てもらうという姿勢を作っていくのが大事だろうと思っていますし、また県連もそういう構えで取り組んで行くようにお願いをしたいなと思っております。
Question
時事通信です。大阪は先週末に市長選挙も告示になりました。都構想を巡った大きな戦いとなっておりますが、現状の情勢をどのように見ておられますか。
Answer
知事選に関してはまだ知名度不足というのは、止むを得ないなというふうに思っておりましてですね。これから残された期間、しっかり知名度を上げながら戦いを進めて行きたいと思っています。市長選挙に関しては、どちらかと言うと互角の勝負じゃないのかなというふうに見ておりまして、これからが本当の意味での勝負だろうと見ております。
Question
NHKです。予算案について、早ければ明日にも成立されるということを与党として目指しておられると思います。これまで想定されている日程通りにほぼ進んできている中で、これまで国会の議論をどう見ておられますか。また自民党として成立を目指していく意気込みをお願いします。
Answer
相対的に見て順調に進んでいると。窮屈な日程の中ではありますけれども、衆参それなりの議論を戦わせながら、大きな問題無く進めているというふうに認識しておりますし、明日の予算成立、そしてまた日切れの月内成立を目指して参議院も総力を上げてくれていると思いますので、しっかりと見届けたいと思っています。
Question
日本テレビです。年度内成立の必要性については二階幹事長も度々お話をされています。改めて林代理としても年度内成立の必要性についてのお考えをお願いします。
Answer
やはり景気対策の1番の近道だろうというふうに二階幹事長が言っているように、私もそういうふうに思いますので。なんとしても年度内成立をさせなきゃならんと思っておりますし、明日にでも成立するのは良いことだと感じております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ