ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階幹事長記者会見

2019年1月29日(火)10:49~10:59
於:院内平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(金田幹事長代理)

今日の役員連絡会の概要を報告いたします。
始めに森山国対委員長からは、衆参の代表質問が終われば直ちに予算委員会を開いて補正予算の審議に入る。早期成立に向け参議院と連携しながら全力を尽くすという発言がありました。
関口参院国対委員長からは、参院は10会派から8会派となり、立民と国民がそれぞれ27名で、第一会派が決まらない状況である旨の発言がありました。
橋本参院会長からは、山梨での勢いを統一地方選、参院選につなげていきたい。
岡田参議院幹事長代行からは、本日の平成29年度決算の本会議では、馬場副幹事長が質問に立ちます。明後日からの代表質問は橋本会長と私が質問させていただくという発言がありました。
甘利選対委員長からは、山梨の勝利は、全県を挙げて協力体制が取れた結果であるという発言がありました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

山梨知事選挙につきましては、大変多くの皆様にお世話になりました。現職を相手にした戦いでありまして、これを勝利するということは容易なことではありませんでしたが、国会議員のべ212人と党員の皆さんが総力戦で戦ったわけであります。各地域へ議員が自ら訪問させていただくなど、積極的な選挙を展開して、各地で驚かれたり感謝をされたりしてまいりました。選挙の結果は幸先の良いスタートに違いはありませんが、これに油断することなく、今後の国会運営においても謙虚に、さらに丁寧に進めて行くということを関係者で誓い合った次第であります。

以上です。

質疑応答

Question
NHKです。先ほどの役員連絡会の後、甘利選対委員長等々と長い時間協議をされておりました。福岡県知事選への対応等、どういったお話がありましたか。
Answer
福岡県の知事選挙の問題につきましては地元と協議しておりますから、まとまり次第決定したいと思います。
Question
時事通信です。福岡県知事選挙以外にも福井県や北海道などの様々な場所で候補者調整が続いております。幹事長としてはいつ頃までに決定を出したいでしょうか。
Answer
現地は大変急いでおるでしょうから、その現地の要望・要請に応えてやっていきたいと思います。しかし第一義的にはそれぞれの県が自分のところの知事を選ぶんですから、みんなで協議をして、落ち着くところへ落ち着かせるという努力を昼夜を分かたずやってもらいたい。党本部へ皆持ってこられても、こっちではきめ細かい対応をやっていくということには時間が掛かり過ぎますよね。ですから支部に、もっとしっかりした対応をしてもらいたい。
Question
西日本新聞です。党本部の方に分裂含みのまま持って来られている所もあると思います。場合によっては地元に差し戻すということもあり得るのでしょうか。
Answer
それはその時その時の状況であります。
Question
フジテレビです。福井県の知事選挙ですが、先ほどもありましたとおり現職の西川知事がいて、県連では新人の杉本氏の推薦願を出されております。今日の段階で党本部として新人の方に推薦を出されるお考えはありますか。
Answer
今そういうことに対して、地元と協議中であります。
Question
朝日新聞です。各地で保守分裂が生じる状況の原因をどうお考えでしょうか。例えば、自民党一強になって力が出て来た結果なのか、どうお考えでしょうか。
Answer
それはまたそちらのお考えでありますから、とやかく批判するつもりはありませんが、いろんな意見が出てくるということは自民党関係周辺にそれだけ人材がいるということですよね。ですから候補者がぶつかって困ったというのは、困る反面それだけ人材が多いということからいうとありがたいことだと思って、その調整をこれから先は丁寧にやっていくことが大事だと思います。
Question
毎日新聞です。毎月勤労統計の問題について、根本大臣が会見で、特別監察委員会がヒアリングしていたと説明した局長・課長の20名のうち、実は8人については厚労省職員がヒアリングをしていたと訂正しました。厚労省の調査について受け止めをお願いします。
Answer
われわれが厚労省の調査の内容について、手取り足取り意見を述べたりあるいは指導をしたりするわけにもまいりません。後は常識的に、今内外からこの一連の問題についてしっかりやれと言われているわけですから。政府の責任ある立場の人たちですから、しっかりしてやってもらいたいと、奮起を促しておきたいと思います。
Question
フジテレビです。一部で、無所属の細野豪志衆議院議員が二階派に特別会員として入るということが報じられております。このことへの受け止めと、細野議員にどのような役割を期待したいでしょうか。
Answer
まだお目に掛かってもいませんから、役割を与える云々するところまではまいりません。
Question
フジテレビです。今後、自民党への入党も視野に入っているのでしょうか。
Answer
本人の希望、それから県連や地域、周囲の四囲の情勢を判断して党は決めるわけです。
Question
東京新聞です。特別会員として二階派に入ることはもう事実として決まっているのでしょうか。
Answer
決まっているわけではありません。これからです。
Question
日本経済新聞です。毎月勤労統計の問題については、厚労省の組織再編の議論の必要性を求める声が自民党内にもあります。厚労省の組織再編の議論を自民党内ですべきとお考えでしょうか。
Answer
これからの経過をよく見てからしたいと思います。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ