ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階幹事長記者会見

2019年1月22日(火)10:51~10:57
於:党本部平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(金田幹事長代理)

本日の役員連絡会の概要を報告いたします。
まず森山国対委員長から、来週から始まる国会日程の説明の後、新年度から円滑に執行ができるよう、まずは予算の早期成立に向けて全力を挙げていきたいとの報告がございました。
関口参院国対委員長からは、24日に厚労委と法務委の閉会中審査を行う。
橋本参院会長からは、山梨県知事選挙は追い込みだ。できること、やれることを全て行っていきたい。
甘利選対委員長からは、山梨知事選では再度の徹底を行う。沖縄県連より、参議院選挙区には安里繁信氏、沖縄3区には島尻安伊子氏の公認申請があった。三重知事選は3期目を目指す現職の鈴木英敬氏、広島市長選では3期目を目指す松井一實氏の推薦申請が各県連から来ている。大阪府知事選挙は府連にて選考中である。
岸田政調会長からは、毎月勤労統計の問題は閉会中審査の内容も吟味しながら、原因究明、再発防止、追加給付策、国民への説明の在り方等、検討していく。25日公表の基幹統計の調査結果に応じ、党として対応していくとの発言がありました。
稲田筆頭副幹事長からは党大会及び前日の日程等について説明がありました。
山口組織本部長からは運動方針案について説明がありました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

山梨県知事選挙は残りもうご承知の通りわずかとなりました。追い込みをかけて勝利を確実なものにしたい。全力を尽くす決意であります。今朝ほども実は候補者の奥さんにも上京をしていただきましたが、経済界の幹部の皆さんにもお集まりいただき、いわゆるラストスパートの一弾を発射できるように協力をお願いしたところでございます。この勢いでわれわれは最終的な勝利をつかみたい。頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。

以上です。

質疑応答

Question
NHKです。岸田政調会長の方から話がありました勤労統計の問題について、国会が始まるなかで、野党側は追及を強めて行く構えを見せております。予算審議への影響が及ぶ可能性がある中で、自民党としてどう対応していきますか。
Answer
われわれは本部として、問題点がどこにあるかと正確に把握して、その上で対処したいと思います。
Question
時事通信です。稲田筆頭、山口組織運動本部長から党大会についての報告がありました。今回は統一地方選と参院選挙を控えた党大会となりますが、どのようなものにしたいとお考えですか。
Answer
党大会というのは、単なるしゃんしゃんという党大会ではなくて、自由民主党らしく活気に充ちた、しかも内容のある党大会にしたいということを念願しております。
Question
共同通信です。韓国海軍の艦船が自衛隊機にレーダーを照射した問題について、昨日、防衛省は韓国側が客観的な事実認定に応じないとして、協議の打ち切りを発表しました。この対応への評価について、また日韓関係厳しい状況が続いておりますが、どのように進めていくべきとお考えですか。
Answer
近隣の国でありますし、あと互いに歴史的事情のある国ですありますから。常にこの関係は厳しい関係にあるという自覚を、自民党及び日本国が持っておく必要があると思いますから。少々のことが起こっても、じたばたすることなく慎重に対応していきたいと思っています。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ