ニュースのカテゴリを選択する

「地元の乳牛」

「私のいやし」あべ 俊子 衆議院議員

地元岡山に帰ったとき、よく酪農家の方々にお会いします。中山間地域の大変な条件の中で、酪農に従事している皆さんにお会いすると、いつも元気を頂きます。
輸入飼料は豪雨や干ばつなどの環境要因と為替変動があり、乳価との厳しいせめぎ合いとなります。中山間で自給飼料を努力し、地域産業として重要な酪農に努力されているお話などを聞くたびに、国政が実生活に対して及ぼす影響の大きさを実感します。

ご購読のお申し込みはこちら。