ニュースのカテゴリを選択する

お知らせ「自由民主」先出し国会予算経済

岸田総理 総合経済対策の重要性を強調 令和5年度補正予算審議

岸田総理 総合経済対策の重要性を強調 令和5年度補正予算審議

衆院は11月24日に開いた本会議で、一般会計の総額が13兆1992億円となる令和5年度補正予算を与党等の賛成多数で可決し、参院に送付しました。同予算は政府与党が打ち出した総合経済対策を実行するための財政的な裏付けとなるもので、予算審議では「岸田文雄総理が「デフレから脱却し、新たな経済ステージへの移行を実行していきたい」として、早期成立を訴えました。衆参本会議や衆院予算委員会におかえる岸田総理の主な発言をまとめました。

こちらの記事全文は「自由民主」インターネット版に掲載されています。
ご購読のお申し込みはこちら。