ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党声明・談話

アフガニスタンにおける
邦人が犠牲になったテロ事件について 党声明

令和元年12月5日

昨日、アフガニスタンで30年以上にわたり、医療や農業・食料などの分野で人道支援に取り組み、現地に多大な貢献をされてきたペシャワール会代表の中村哲さんが、ジャララバード近郊で殺害されるという痛ましいテロ事件が起きました。

誠に無念であり、ご家族の心中を思うと大変胸が痛みます。心から哀悼の意を表しますとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。

自由民主党は、何の罪もない民間人の尊い生命を奪う卑劣で残忍なテロを断じて許すことはできません。政府は、アフガニスタン政府とともに真相解明を行い、このような卑劣で残忍なテロが二度と起きないよう、最善を尽くすべきです。

中村さんの活動はわが国の誇りであり、両国の懸け橋でした。日本人が古くに編み出した灌漑技術を取り入れて行った緑化事業によって、不毛の砂漠が見事に緑の大地に生まれ変わったことは、現地で「ガンベリの奇跡」と称賛されています。

自由民主党は、その尊いご遺志を受け継ぎ、アフガニスタンの平和と繁栄及びテロの防止、根絶に向けて、全力を尽くす決意です。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ