ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

二階幹事長ぶら下がり
(武漢から帰国された日本人の宿泊施設について)

2020年1月29日(水)16:44~16:52
於:党本部4Fエレベーターホール前

二階幹事長

【冒頭発言】

新型コロナウイルスに関連しまして、昨晩、武漢の在留邦人の方々の帰国のためにチャーター機の第1便が中国・武漢空港に派遣をされまして、本日の朝、206名の方々をお乗せして羽田空港に到着したことは、皆さんもご承知のとおりであります。
これらの方々には、まず健康管理の観点から、多少御不自由ではありましょうが、まずは医療機関で検査を受けていただいているところです。東京から更に遠隔地にお住まいの方々等、約150名おられますが、検査結果が判明するまでですね、政府が手配したホテルでご滞在いただくようにして、ご協力を願いたいと思っております。
今回、千葉県内のホテルから、政府の要請に応じて帰国された方々を受け入れても良いというありがたいご回答がありました。千葉県勝浦市の「勝浦ホテル三日月」の小高社長は、「困った時に役に立たなければ何のためにホテル三日月が存在しているのか、意味が無い。」というようなお話をいただいているようでありますが、その勇気と決断に、私は心から感謝を申し上げたいと思います。
私も全国旅行業界などの仕事に長く携わっておりますが、こんな時に観光業界とか旅行業界とか、自分の持てる力を存分に発揮して、こういうことにご協力いただくことを大変ありがたいことだと思いますが、あらためて敬意を表したいと思います。
帰国された方々におかれては、御不便ですがしばらく「勝浦ホテル三日月」にご滞在いただいて、眼下の太平洋の絶景を見渡して、帰国後の疲れを癒やしていただいて、英気を養って、心身ともにご回復の上、また明日からの活躍に備えていただきたいと願うものであります。

質疑応答

Question
TBSです。新型コロナウイルスの感染による対応を巡っては、武漢への渡航歴の無い男性の感染が国内でも確認されました。感染拡大の恐れがありますが、政府にどのような対応を求めたいとお考えでしょうか。
Answer
これはもうわれわれが申すまでも無く、政府および関係者、特に専門家は、もう一を聞けば十を悟っておるわけですからね。今さら重ねて申し上げる必要はありませんが、万全の体制を敷いて、日本が医療先進国としての力を発揮するのは今だと思いますから。しっかり頑張ってもらいたいと、関係者に奮起を促したいと思います。
Question
TBSです。今日、200名以上の方の帰国が実現したわけですが、外務省の説明によりますと、一人あたりおよそ8万円の自己負担が強いられているようです。この件に関して、与党内からも批判が出ているようですが、どのようにお考えでしょうか。
Answer
そういうこれは突然の災難ですからね、本人にだけ全て負担をさせるということじゃなくて、政府としてもこういう緊急事態に、それが放っておいて時間が経てばなんとかなるという話じゃ無いんですから。これは下手に伝染すればえらいことになるわけですよね。そういうことを未然に防いだという意味では、財政的な問題、経済的な問題は当然あるわけですが、惜しんでばかりおったのではしょうがない。現実的な解決策を考えていきたいと思います。自民党は責任を負います。
Question
毎日新聞です。先ほどの国会では、金銭的な負担について、過去の例にもしたがって皆さん方に負担をしてもらう、国は負担しないという考えですけれども、党としてはそうでは無くて求めていくということですか。
Answer
それはそういう言い方も、負担だとか責任だとかということもあるだろうけれども、これは本人たちが好んでそういう立場になったんではなくて、いわば災難ですよね。それを国を挙げて対応するのは当然ですから。自民党は、国を挙げて対応するという方法を指導していきたいと思います。
Question
テレビ朝日です。今回、ホテル三日月の社長のご英断だと思います。宿泊費等の費用負担についても、社長の方から申し入れがあったということでしょうか。
Answer
まだ最終的なところは話を詰めておりませんが、ホテル三日月の社長が積極的に、英断を持ってこのことに協力しようというご回答をいただいているやに聞いており、大変立派なことであり、この事態の全体を見る者として、深く敬意を表したいと思います。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ