ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階幹事長記者会見

2020年1月21日(火)10:37~10:45
於:院内平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(高鳥筆頭副幹事長)

本日の役員連絡会の概要を報告致します。
関口参議院会長からは、まずは今年度補正予算、そして本予算の成立に向け、全力で頑張りたい。
岸田政調会長からは、先週、国内で初めて確認された新型コロナウィルスについては、昨日の厚生労働部会で政府側から報告を受けた。感染経路等がまだ把握しきれていないとのことであり、引き続き、注意深く見守っていきたいとの発言がありました。
その他は昨日の役員会と同様でございます。


以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

昨年ご逝去された 中曽根康弘 元内閣総理大臣の合同葬の詳細について、去る1月10日の閣議で正式に決定されました。3月15日の日曜日午後2時から、グランドプリンスホテル新高輪で行われる。内閣及び自民党の共同主催ということになります。葬儀委員長には安倍晋三内閣総理大臣・自由民主党総裁にご就任いただきます。葬儀副委員長として、幹事長や党五役までをお願いしたいと思っております。葬儀委員は自民党所属の国会議員全員であります。実行委員会は、稲田幹事長代行、林幹事長代理、金田幹事長代理、さらに高鳥筆頭副幹事長、野上参議院自民党幹事長代行、石井幹事長代理、これらの方々に特にお世話をいただくようにしたいと思います。
なお、国民政治協会が主催する「経済界との懇談会」が、来週1月30日(木)午後5時30分より、ホテルニューオータニにて開催されることになっておりますので、お知らせしておきたいと思います。


以上です。

質疑応答

Question
NHKです。野党合流について、昨日の夜に行われた4時間にわたる協議の結果、国民民主党は、立憲民主党との合流について引き続き協議していくという結論を出しました。立憲民主党側は、昨日の段階でまとまらなければもう協議は打ち切ると言っており、直ちに野党が1つに合流するのは難しい情勢となりました。これについて受け止めをお願いします。
Answer
野党の合流については、特別期待もしておりませんし、あるいは、合流されない方が良いとも思っておりませんので、合流されようが、あるいは、合流されないでおられようが、どうぞご自由にという感じです。
Question
朝日新聞です。公文書の管理について、桜を見る会を巡って、先週の金曜日に内閣府の歴代の人事課長らが、招待者名簿の取り扱いが不適切だったということで処分を受けました。昨日になって、公文書管理課長も交代になりました。招待者名簿を巡っては、菅官房長官も公文書管理違反であると認めておりますが、いかがお考えでしょうか。
Answer
彼らが自ら公文書違反だとかそういう処罰に値すると判断されて、そういうことをされたのは、今後の反省材料としてはそれで結構かと思います。まずわれわれは特にそれを罰するとか、そんな類のものでは無いだろうと思いますが、そうされたのなら、それはそれで結構です。
Question
朝日新聞です。こういう形で役人は処罰を受けておりますが、政務三役を含めた政治家の方は責任を取っておりません。これについていかがでしょうか。
Answer
どういう責任の取り方がありますか。
Question
朝日新聞です。公文書管理法に違反するということを認められているわけですが、その管理責任等について、処分を受けるとか責任を取る必要性についてはいかがですか。
Answer
それはその役所の仕事であるわけで、細かいことが政治家に分かるわけが無いでしょう。政治家に分かるわけが無いことで処分するというわけにはいかんわね。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ