ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員連絡会後 二階幹事長記者会見

2019年11月5日(火)10:40~10:55
於:院内平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(高鳥筆頭副幹事長)

本日の役員連絡会の概要を報告致します。
森山国対委員長からは、河井法相辞任により先週10月31日、11月1日の両日に予定された委員会は野党の反対により開会することができなかったが、安住国対委員長と2日間にわたり断続的に国対委員長会談を行った結果、今週6日に衆議院、8日に参議院で予算委員会の集中審議を行うことなどで正常化することとなった。今週は内閣、法務、安保委員会の「給与法」や外務委員会の「日米貿易協定」などを中心に審議を急いでいきたい。次回の本会議は7日(木)を予定している。本日の議運で協議するとの発言がありました。
岡田参院副会長からは、本日は津波防災の日だ。気持ちを新たに、台風被害の復旧復興・国土強靭化に全力を尽くしたいとの発言がありました。
世耕参院幹事長からは、7日告示の高知県知事選挙には参議院としても比例選出議員を中心に現地に入りたいとの発言がありました。
下村選対委員長からは、高知県知事選挙が7日に告示される。わが党は新人で総務省出身の浜田省司氏を推薦している。事実上の一騎打ちなので気を抜くことなく戦いたいとの発言がありました。
岸田政調会長からは、先週、政調正副会長・部会長会議を開催した。補正予算も念頭に、災害対策・国土強靭化や経済対策などについて各部会で検討を開始するよう指示した。正式に補正に取り組むことになれば、今月下旬に政調として重点項目をまとめたい。先週土曜に箱根町に入り、復旧復興への要望を受けた後、箱根登山鉄道の橋脚崩落現場を視察した。深刻な状況だ。報道量も減っており、党としてはこうした地域にしっかりと目を向けていくとの発言がありました。
鈴木総務会長からは、本日11時より総務会を開催するとの発言がありました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

国会は極めてタイトなスケジュールでありますが、重要法案の審議、成立にしっかり対応してまいりたいと思っております。
来年の第87回党大会は、3月8日(日)午前10時より、グランドプリンスホテル新高輪にて開催することになっております。大会準備のための運営委員会も決定しました。
先般、ご逝去されました故・高鳥修元衆議院議員のお別れの会が党葬として行われますが、12月8日、ご地元の上越市で開催されることになっております。実行委員長は安倍総理、そして稲田幹事長代行が党代表として出席することになっております。

以上です。

質疑応答

Question
毎日新聞です。先週、河井法務大臣が辞任をしました。二週連続の大臣の辞任となりましたが、これについて受け止めをお願いします。
Answer
大変残念なことでありますが、一層気を引き締めて今後の国会に臨んでまいりたいと思っております。
Question
朝日新聞です。今回の発端となったのが、河井あんりさんの選挙に関して、ウグイス嬢に法定で決められた報酬以上の額を支払っていたという内容でした。河井あんりさんは幹事長の派閥に所属する人間ではありますが、これについてお考えをお願いします。
Answer
大変残念なことでありますが、今後も本人の反省はもとより、われわれは同じ党に所属する者として大いに今後注意をしていく必要があるというふうに思っております。
Question
テレビ朝日です。週刊誌に書かれていた情報が事実であれば、河井あんりさんの政治責任も問われかねない、辞任を求める必要もあるかと思います。現状、河井あんりさんに対してどのような責任の取り方を求めたいでしょうか。
Answer
ご本人からなんらかの申し出があるでしょうから、それを受けて話したいと思っています。
Question
毎日新聞です。先週、萩生田文科大臣が、大学の入学試験での活用が予定されていた英語の民間試験の導入延期を発表し、今後一年間で活用の有無を含めて検討するとしています。この問題については地域格差や経済格差が問題視されて来ましたが、延期の判断についてどう受け止めておられますか。
Answer
延期をしている間に、しっかりした内容のある検討をする必要があるというふうに思っております。
Question
北海道新聞です。菅原経産大臣も河井法務大臣も、委員会での説明が無いまま辞任をする形になりました。これは週刊誌で報じられたことを追認したということにもなりかねません。議員の説明責任について、どうお考えでしょうか。
Answer
これは本来、議員本人の判断によって行うべきものであって、本人の良識にお任せしたいと思っています。
Question
TBSです。安倍総理が韓国の大統領と短い時間ではありますが言葉を交わしたとの発表がありました。日韓関係は厳しい中にありますが、改善に向かうきっかけになるとお考えでしょうか。
Answer
当然のことですよね。それぞれ近隣諸国とまず仲良くやっていくことが、地球の裏側に至るまで世界各国が、日本が周辺諸国とどういう交渉や環境にあるのかを見ておるわけですから。そういうことを積極的に対応するのは当然のことだと思います。
Question
NHKです。日韓首脳会談は、去年の九月以来およそ一年ぶりとなりました。首脳レベルの会談というのは、今後も積み重ねるべきだとお考えでしょうか。
Answer
それは当然のことです。
Question
毎日新聞です。日韓首脳が接触しましたが、安倍総理としては日韓請求権協定の原則を変えないという姿勢です。これについてどう思われますか。
Answer
総理のご発言を支持したいと思います。
Question
読売新聞です。韓国の文議長が来日して、河村議員と会談された際に、徴用工問題については韓国の方でも立法措置を検討しているということで、日韓両国の企業や国民から寄付を募るようなファンドを作りたいという考えを持っているということでした。この考え方についてどのように受け止めておられますか。
Answer
それは先方の仰ることであって、それはそれとして聞く、承ったということになると思っている。そういう程度です。
Question
読売新聞です。この場合、日本の企業がファンドに寄付金を出す形になってしまうと、請求権の原則が破られてしまうのではないかという懸念もありますが、この件についてはいかがお考えでしょうか。
Answer
ですから、これはまだ向こうが発言したばかりですからね。深い内容について、政府からもよく聞きたいと思っております。
Question
毎日新聞です。今週、予算委員会の集中審議が衆参両院であります。これは大臣の連続辞任や、文科省の英語民間試験の導入延期等を受けてのものになりますが、政府の答弁に期待することはありますか。
Answer
国会は厳粛なものですから。国民の代表として、また国民の代表たる方々のご質問ですから、真摯に国民の皆さんが納得出来るような丁寧な答弁に終始するべきであるというふうに思っています。
Question
時事通信です。今週、高知県知事選挙が告示されます。党として、どのような戦いを行いますか。
Answer
これはまず高知県の県民の皆さんのご判断を伺うということでありますし、高知県のわれわれ友党の皆さんの奮起を大いに期待するということです。
Question
時事通信です。高知県では、現職の尾崎知事が衆議院高知県二区からの出馬を目指しております。現職の山本有二さんとの選挙区調整が課題となりますが、党としてどういうスケジュールで調整されるお考えでしょうか。
Answer
一つの選挙区で二人が当選することは出来ないんですから。一人が当選出来るようにするためにどうすればいいか。地元県連のご判断を中心にして、最終的には党で判断したいと思っています。
Question
日本経済新聞です。先週、高知県連の中谷会長は、尾崎氏の2区での擁立を要望する上申書を党本部に持ってこられました。県連の意向を尊重するお考えでしょうか。
Answer
基本的には県連の意向を尊重するというのは当然のことでありますが、党はこれを決定する責任があるので、周囲の情勢を見て十分検討したいと思っております。
Question
日本経済新聞です。冒頭、国会日程は極めてタイトだと発言がありました。現時点で、会期延長の必要性についてどうお考えでしょうか。
Answer
今のところ会期延長の問題について、私から述べるべきではないと思っています。
Question
北海道新聞です。来年の東京五輪について、マラソンと競歩の開催地が札幌市へと変更することが決定しました。開催まで300日を切る中で、小池都知事も合意なき決定と反発をしております。この決定と、その過程についてどう受け止めておられますか。
Answer
マラソンとかのことですから、われわれがどっちの方向が良いとかどうすべきだとか、あまり深く介入するべきではなくて、その道の専門家のご判断に委ねるべきだと思っています。
Question
北海道新聞です。今後、おそらく費用負担の在り方についても焦点になると思います。東京都と政府とIOCと組織委員会との4者が話し合っていくことになると思いますが、この負担の在り方についてどうお考えでしょうか。
Answer
その4者に任せているわけですから、4者に相談していただいて、良識ある判断をしていただきたいと思っております。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ