ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

二階幹事長ぶら下がり
(第25回参議院選挙 開票途中結果を受けて)

2019年7月21日(日)23:28~23:38
於:党本部8Fリバティ2号室

二階幹事長

質疑応答

Question
日本テレビです。選挙区も比例区も含めて大勢が出て来ております。ここまでの受け止めをお願いします。
Answer
国民の皆様のお力添え、ご支援をいただいて、今日までの安倍内閣あるいは自民党の政治、お認めをいただきお力をちょうだいしたというふうに思っております。感謝に堪えません。
Question
日本テレビです。一方で、野党共闘の一人区を中心に東北を含めて難しい結果になっている所もあります。いかがお考えでしょうか。
Answer
それぞれの地域によって色々と差もありますが、これはこれで大いに今後の反省事項としてまた立て直しを行い、自民党として新たな挑戦を考えて行きたいと思います。
Question
時事通信です。通常国会の終盤では、老後に2000万円の資金が必要だとする報告書だとか、イージスアショア配備の問題等、色々な問題が生じました。今回の参議院選挙の結果をもって、安倍政権や自民党の政治運営は、国民から信任されたとお考えでしょうか。
Answer
われわれの希望、将来に対しての期待感というものはありますが、国民の皆さんのご承認をいただいたものと、こういうふうに思います。
Question
朝日新聞です。幹事長は先ほどのテレビ出演で、安倍首相の4選の可能性について言及されました。改めて今回の結果を受けて、いかがお考えでしょうか。
Answer
総理自身のお考えはまだ伺っておりませんが、大いに国民の皆さんの期待は集まっておるというふうに思っております。
Question
時事通信です。国民の期待が集まっていることを受けて、4選に向けては党則改正等が必要になります。直ちに党則改正などに踏み出すお考えはありますか。
Answer
これは総理ご自身のお考えに基づいて、また党として考えて行きたいと思います。
Question
共同通信です。個別選挙区の話になります。2人区の広島県では、野党統一候補が1議席を取るという報道になっております。広島県選挙区で2人を立てた戦略については、間違っていなかったとお考えでしょうか。
Answer
何処の選挙区も、私自身も経験があります。そういう所は2名のところを1名にすれば間違いないという安易な考え方がありますが、2名の議席がその県に存在する以上、2名立てて当選させることは当然のことであります。結果は結果として受け止めて行きたいと思います。
Question
NHKです。選挙を迎えるにあたって、改憲勢力、いわゆる憲法改正に前向きな勢力で2/3に届くかどうかというのも焦点の一つになりました。今回の結果を受けて、今後の憲法改正の議論はどのように進めていくべきとお考えでしょうか。
Answer
国民の皆さんとよく、党内は元より議論を重ねて慎重にやって行くことが大事だと思います。
Question
時事通信です。憲法に関しては、総理も先程のテレビ出演などで、維新の他に国民民主党の一部にも改憲に積極的な方がいると言われておりました。一部野党との憲法改正に向けた連携についてはいかがお考えでしょうか。
Answer
憲法というのはもうご承知の通り、国民全体の問題でありますから、出来るだけ与党だ野党だということだけではなくて、広く多くの皆さんのご理解やご協力を得ることが大事ですから。われわれは積極的に野党の皆さんとも、この問題については話し合って行きたいと思っています。
Question
毎日新聞です。そもそも憲法改正は今回の参議院選挙の争点になったとお考えでしょうか。
Answer
特にこれだけ勝ったら憲法改正に国民がご支持いただいたとか、あるいはこのラインが割れればどうだというようなことは、あらかじめ申し上げておるわけではありませんので。国民の皆さんの声を静かにお聞きするという、こういう謙虚な気持ちで臨んだわけでありますが、今度の選挙の結果を見て、また更に党内でも議論を図って行きたいと思っています。
Question
共同通信です。今回の選挙結果で、与党に対する堅調な支持が伺えたと思います。これを受けて、次の衆議院解散は出来るだけ早期に行うべきとお考えでしょうか。
Answer
この選挙に勝たせていただいたからと思って、すぐに衆議院を解散したら良いとかどうとか、あるいはまたご質問にもありました通り、有利な時だからやったら良いとか、私はそういうことは当然ではないと、こう思っています。衆議院の解散というものが、時の政治の政権交代を含めた重要な課題に直面した時に、直ちに解散をして国民の皆さんの信を問うということは当然であって、今から計算していつ頃やったら良いとかいうような、そんなものでは無いと思っています。
Question
新潟日報です。個別の選挙区で申し訳ありませんが、新潟県選挙区では塚田一郎候補が野党統一候補に敗れました。塚田一郎さんといえば例の忖度発言があったわけですが、選挙結果の受け止めと、忖度発言の影響についていかがお考えでしょうか。
Answer
これはもう選挙区の皆さんが、それぞれ貴重な投票によって下った判定ですから、われわれはこれに殊更批判を加えることはありません。それよりも何よりも、自民党はどこまでも今回の選挙を通じて反省すべきところは大いに反省し、そして丁寧に日頃の国政での状況を国民の皆さんに説明をしていくということに対して、より丁寧に、より回を重ねて、そうした努力をすべきだということを痛感しております。
Question
時事通信です。選挙が終われば当然、内閣改造や党役員人事が調整されると思います。一部では9月の前半にもという報道がありますが、人事の時期についての見通しはどう思っておられますか。
Answer
これは人事権者である自民党総裁がお決めになることでありますから。特に人事のことについてまだ話し合ったことはありません。
Question
毎日新聞です。個別選挙区ですが、岸田派の牙城と言われている広島県選挙区で岸田派の候補が落選確実となりました。一部では、岸田さんのポスト安倍に疑問符が付くと話される方も居ます。幹事長はどうお考えでしょうか。
Answer
われわれは広島の選挙区の結果で、ポストがどうだとかということは特に考えておりません。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ