ニュースのカテゴリを選択する

2022年1月18日(火) 12:34~12:43
於:党本部平河クラブ会見場

茂木幹事長

MOVIE

【冒頭発言】

今朝の役員連絡会、そして先ほどの政府与党連絡会議の概要について報告をしたいと思います。昨日の夕方の役員会と同じメンバーが発言していますので、急に昨日から今日で発言が変わるということはないので、大体同じ内容なのですが。
まず、役員連絡会では、私からは通常国会と夏の参議院選挙について発言いたしました。まさに夏の参議院選挙の勝利は、安定政権の維持、強化のために、最重要な課題であり、これから150日間の国会の成果が問われることになるので、しっかり国会に取り組んで行きたいという話をしました。
また、名護の市長選につきまして、いよいよ始まった。現地でも積極的な取り組みが行われていますので、役員連絡会の皆様にも協力をお願いしたいと、そのように呼びかけをしたところであります。
髙木国対委員長からは、通常国会の日程などについて昨日の役員会と同様の報告がありました。その上で、コロナ関連で、例えば、まん延防止等重点措置の適用等、国会に対する事前報告が必要になれば、適切に対応できるようにしておく、こういうことでありました。
岡田参議院国対委員長からは、代表質問はじめ参議院の国会日程、提出予定法案などについて、昨日の役員会と同じ報告がありました。
関口参議院会長からは、来年度予算と関連法案の早期成立に向けた意気込みについてお話がありました。
参議院幹事長、野上代行が今日も世耕幹事長に代わってということでありましたが、参議院選挙に向けた国会運営について、昨日と同様の報告があったところであります。
遠藤選対委員長からは、一昨日から始まった名護市長選挙、参議院選挙に向けた北海道連からの公認申請について、昨日と同様の報告がございました。
高市政調会長からは、昨日の北朝鮮による弾道ミサイル発射への対応、今後の政審の予定について、報告がありました。その上で、大規模噴火のあったトンガの現地状況について、本日開催する外交部会で、政府から報告を受けることにしているとのことでありました。
福田総務会長からは、今後の総務会の予定について、昨日と同様の報告がありました。

そして、政府与党連絡会議についてでありますが、冒頭の総理の挨拶についてはオープンでありましたので、お聞きいただいた通りであります。
山口代表の後、自民党側からは、私、高市政調会長、髙木国対委員長、関口参議院会長、岡田参議院国対委員長が、役員会、役員連絡会とほぼ同様の内容の発言をさせていただいたということであります。
それから、先ほどの総務会でも、また政府与党連絡会議でも私の方から発言したのですが、安定的な皇位の継承についてでありますけれど、2017年の天皇の生前退位等の検討に当たっては、当時の高村副総裁に座長をお願いし、私が座長代理となって懇談会で議論を行ったところであります。今回は、麻生副総裁に座長をお願いし、私が座長代理に就任することとしたいと思います。役員会のメンバーを中心に懇談会を構成する予定です。今日の午後に、政府の方から、議長公邸におきまして有識者会議の報告書の説明を受けるということでありまして、それを受けて今後、党内でどう議論するかを考えていきたいと思います。
以上です。

質疑応答

Question
日経新聞です。今お話しのあった皇位継承の件ですが、会議前に伺うのは恐縮なのですが、自民党として議論の対象とするのは、政府の報告と同様に、皇族数の確保策に留めるのか、それとも皇位の安定継承策ということも議論されるのでしょうか。
Answer
今日の報告をしっかりと受けた上で、どういうテーマについて、どういうスケジュールで議論していくか考えたいと思っております。