ニュースのカテゴリを選択する

記者会見感染症予算経済

臨時役員会後 二階幹事長記者会見

2020年5月4日(月)17:52~18:06
於:党本部平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(高鳥筆頭副幹事長)

安倍総裁からは、先週、事業規模117兆円、過去最大の補正予算が決定した。ご協力に感謝申し上げる。
最大200万円の持続化給付金については、早い方には8日から入金を開始する。一日も早く国民の皆様へ支援をお届けし、事業や雇用を必ずや守り抜いていきたい。
緊急事態宣言から間もなく一か月となる。欧米のような爆発的感染拡大を回避し、減少へと転じさせることができた。さらに全国各地へのご協力をお願いするために、緊急事態宣言を全国を対象に、5月末まで延長することを決定した。
経済活動において、段階的に日常を取り戻していくために、それぞれ状態ごとに、どういう形から営業可能か、今後2週間を目途に専門家の協力を得て、詳細な感染予防策のガイドラインを状態ごとに確定し、段階的に営業可能となる環境を作っていきたいと考えている。
日米で共同治験を行ってきたレムデシビルは、間もなく日本で薬事承認となる。そして、世界から期待が寄せられているアビガンも、何とか今月中を目途に承認したいと考えている。
国民の皆様、事業者の皆様には、引き続き辛い忍耐とご努力をお願いすることになるが、その先の出口に向けた準備期間として、国民一丸となって一歩一歩日常に向けて歩みを進めていきたい。
森山国対委員長からは、令和2年度補正予算と関連法案は先週29日に速やかに成立させることができた。
緊急事態宣言延長について、本日行われた議運委員会に西村大臣が出席し、報告と質疑が行われた。
本日午前中に行われた立憲との国対委員長会談で、緊急事態宣言の延長などをテーマに、予算委員会の集中審議を来週11日に行うことで合意した。9時から3時間コースで質疑を行う。
次回の本会議は来週12日の予定。
末松参議院国対委員長からは、本日議運委員会を15時から開き、西村大臣から報告を受け質疑が行われた。
11日午後の予算委員会集中審議に向けて協議を行っていく。
関口参議院会長からは、緊急事態宣言の延長を受け、衆院と連携をとり全力で取り組んでいく。
世耕参議院幹事長からは、家賃支援、雇用調整助成金の上限引き上げについては、事業者の関心が非常に高い。政調でしっかり議論を進めて頂くようお願い申し上げる。
下村選対委員長からは、5月29日告示の沖縄県議会議員選挙については、現地に入ることはできないと思うが、しっかりと党本部と県連が連携し必勝態勢で臨みたい。
岸田政調会長からは、7日に経済成長戦略本部・新型コロナウイルス関連肺炎対策本部合同会議を開き、新型コロナウイルスに関し、党所属国会議員の声をくみあげ、次の対策に繋げていきたい。
家賃補助については、賃料に関するPTを立ち上げ議論を進め、党としての考え方を整理している。
雇用調整助成金引き上げの問題、学生に対する支援の問題、9月入学の問題等、党としての考え方をしっかり整理していきたい。
鈴木総務会長からは、次回の総務会は19日に開催する。
平沢広報本部長からは、新型コロナ関係の支援策について特集した機関紙「自由民主」の号外を作成した。連休明けの7日より全国の選挙区・比例区支部において活用頂く。
党HPにも特設サイトを設け、支援策についてわかりやすく掲載している。
その他の発言として、稲田幹事長代行からは、機関紙「自由民主」に掲載されている各種対策をまず国民に十分説明していく必要がある。


以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

本日は新型コロナウイルス感染症を巡る緊急事態宣言を延長する政府方針が決定したということを踏まえ、急遽、臨時役員会を招集させて頂きました。
この未曾有の国難とも言える時に、与党である私たち自民党は、政府と一体となって情報を共有し、国民の生活が一刻も早く元通りになるように、あらゆる対策をとっていく決意であります。皆様のいろいろな面でのご協力をお願い申し上げます。


以上です。

質疑応答

Question
NHKです。緊急事態宣言の期間について、今日正式に延長が決定されました。受け止めをお願いします。
Answer
適切なことだと思います。我々はこの期間にさらなる対策について、内容充実とともに、どれほど国民の皆さんに党の考え方が届いているかということを常に検証しながら、前へ進めていきたいと思っています。
Question
朝日新聞です。雇用調整助成金の引き上げや家賃補助などさらなる対策の必要性についても与党内から意見が出ていますが、次の経済対策、二次補正について、お考えをお聞かせください。
Answer
この状況を国民の皆さんとともに一刻も早く切り抜けていかなければなりませんから、打てる対策はどんどん積極的に対応して参りたいと思っています。
Question
テレビ朝日です。緊急事態宣言の解除のタイミングについて、徐々に認めていくということですが、解除に向けた出口戦略をどのようにお考えでしょうか。
Answer
国民の皆さんの協力、そして、地域全体がこれにどう取り組んでいくかということでありますが、多くの皆さんのご協力を頂きながら、自民党はその先頭に立って、しっかりやっていきたいと思っています。
Question
北海道新聞です。緊急事態宣言の解除について、北海道は第二波がきており、感染拡大が止まらない状況です。全国でも第二波への懸念がありますが、どのように思われますでしょうか。
Answer
それぞれの地域の実情に合わせて、しっかりした対応をしていきたいと思っています。北海道は北海道としての対応を我々は重視していきたいと思っています。
Question
共同通信です。専門家会議から感染拡大を防ぐ新しい生活様式が示されました。総理も34県に関して、感染拡大防止と社会経済活動との両立に配慮した取り組みを段階的に進めるということですが、幹事長の受け止めをお願いします。
Answer
総理の意向に沿って党は全力を尽くしていきたいと思っています。