ニュースのカテゴリを選択する

政策感染症党の新型コロナウイルス対策医療

新型コロナウイルス感染症収束に向けてのロードマップ

危機管理は最悪の場合を想定して準備を整えることを基本とするものであり、今回の緊急事態宣言での対策で鎮静化しない場合、医療従事者等へのワクチン接種がひと段落すると見込まれる今春までは、厳しい状況が継続するとのシナリオに沿った対策が求められます。本提言は新型コロナウイルス感染症収束に向けてのロードマップとして、以下の三段階で政策目標及びそれを実現するための政策を整理したものです。
(1)基本的対処方針の策定及び緊急事態宣言の発令(現在~2月上旬)
 ・当面の病原体による感染拡大の抑止
(2)新型インフルエンザ等対策特措法及び感染症法・検疫法の改正(1月下旬~2月初旬)
 ・変異株を含む病原体の封じ込め体制の確立
(3)ワクチン接種の体制整備と迅速な普及(2月下旬~)
 ・収束に向けての集団免疫の形成

PDF

新型コロナウイルス感染症収束に向けてのロードマップ

PDF形式 ( 891KB)