ニュースのカテゴリを選択する

お知らせ「自由民主」先出し農林水産地方創生

地域の所得と雇用創出を実現する「海業」の推進を
水産総合調査会・水産部会が提言

地域の所得と雇用創出を実現する「海業」の推進を 水産総合調査会・水産部会が提言

党水産部会(部会長・山下雄平参院議員)、水産総合調査会(会長・石破茂衆院議員)は5月14日に合同会議を開き、海業(うみぎょう)推進に向けた提言を取りまとめました。提言は同調査会の海業振興勉強会(座長・小泉進次郎衆院議員)が昨年6月から有識者や地方自治体、漁協の関係者からの意見聴取や、現地での視察を経て取りまとめたものです。
提言では、地域が海業に踏み出す一歩を踏み出すために、意識醸成の推進や、情報提供体制の強化を提唱。国や自治体、漁協で海業に取り組むための人材確保・育成や、地元の産業界、行政、小中高校大学を含めた教育・研究機関、金融機関、地元マスメディアをも巻き込んだ取り組みを進める重要性を強調しています。また、意欲ある地区におけるスピード感のある構想を実現するため、小規模であっても適切な支援が届く仕組みづくりを求めました。

こちらの記事全文は「自由民主」インターネット版に掲載されています。
ご購読のお申し込みはこちら。