ニュースのカテゴリを選択する
令和6年度予算が衆院可決

衆院は3月2日の本会議で令和6年度予算を賛成多数で可決、参院に送付しました。
同予算の一般会計の総額は112兆5717億円。能登半島地震の被災地支援を切れ目なく行うため、1月16日、予備費を5千億円から1兆円に増額した上で改めて閣議決定しました。わが党は参院においても政府と緊密に連携を取りながら同予算の早期成立を図り、喫緊の課題である同地震への対応をはじめ、わが国が直面するさまざまな政策課題にスピード感を持って取り組む決意です。

こちらの記事全文は「自由民主」インターネット版に掲載されています。
ご購読のお申し込みはこちら。