ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

党内活動

山梨県知事選 長崎候補の勝利へ支援訴え

2019年1月18日

山梨県知事選 長崎候補の勝利へ支援訴え

現職知事の任期満了に伴う山梨県知事選は1月27日の投開票日に向け、連日激しい選挙戦が繰り広げられています。
わが党と公明党が推薦する長崎幸太郎(ながさき・こうたろう)候補(50)はさらなる支持拡大に向け、県内各地を駆け回り、山梨県政に対する熱い思いを訴え続けています。

18日に甲府市で行われた街頭演説では、わが党から小泉進次郎衆院議員が長崎候補の応援に駆け付けました。
小泉衆院議員は山梨県が抱える課題に若い世代の人口流出をあげ「人口減少対策として、人口流出そのものを防ぐと訴える人が多いが、閉じ込めるだけでは山梨の良さはわからない。外に出て初めて山梨の魅力を知ることができる」と強調。その上で、「長崎候補は、山梨を出ていった人が再び戻りたいと感じる魅力ある街づくりをしようと考えている」と紹介。また、長崎候補の人柄や経歴に触れ「甲斐国の戦国大名である武田信玄は、人は城、人は石垣という言葉を残した。これからのリーダーには人と人を繋げる力が求められる。県民と県と国を1つにまとめるための協調と融和の力を持っている長崎候補はまさに現代の甲斐の虎だ」と述べ、集まった多くの聴衆を前に長崎候補へのさらなる支援を訴えました。

長崎候補は「選挙戦を通じ、多くの方から生活や将来に対する不安の声をいただいた」と述べ「県民一人一人が夢を実現できる山梨県を作りたい。頑張っている人が夢をかなえられるよう後押しするパートナーとしての山梨県政を皆さんと実現したい」と訴えました。
「低迷と停滞の道を進む今の県政を変え、県民一人一人が希望と夢と豊かさを日々実感することが出来る山梨県を作っていく」―長崎候補の渾身の決意表明に対して聴衆からは割れんばかりの拍手と「幸太郎頑張れ!」という力強い声援が送られました。

投開票日まで残りわずかとなった選挙戦。長崎候補の勝利に向け、わが党は全力を挙げた取り組みを続けていきます。


<長崎幸太郎 候補>
■HP
http://nagasakikotaro.jp/
■Facebook
https://www.facebook.com/nagasakikotaro.jp/
■Twitter
https://twitter.com/kotaro_nagasaki

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ