ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

機関紙誌のご案内

「これを読めば自民党がわかる」をモットーに最新のトピックスを掲載している機関紙「自由民主」と女性誌「りぶる」。
総裁、党役員、閣僚などのインタビューなど、自民党本部や都道府県連の活動情報を掲載しています。

    機関紙「自由民主」ログイン 自由民主インターネット版

    • バックナンバーはこちら

      今週の「自由民主」

      機関紙「自由民主」『東京都知事選ラストスパート 増田候補勝利に向け全力』2706号(平成28年8月2日号)発行のおしらせ

      機関紙「自由民主」の2706号が26日、発行されます。最終版を迎えている東京都知事選が1面。わが党が推薦する増田ひろや候補も激戦を制するべく、ラストスパートに入りました。その様子を詳しくお伝えしますので、都民の方も、そうでない方も、首都決戦に関心のある方は是非、ご注目ください。20日に東京・目黒区で開かれた個人演説会には、党本部から茂木敏充選挙対策委員長も応援に駆け付け、「東京が直面する様々な難しい問題をしっかりと解決する行政能力を持ち、具体策を示しているのは増田候補だけだ」と訴えました。同じく1面には、増田候補が訴える政策「3つの実現」も掲載。これらをご覧いただければ、増田候補の魅力が再確認できることでしょう。続いて2面と3面では、安倍晋三総理が参院選の結果を受けて指示し、政府で策定作業が急ピッチで進んでいる、新たな「経済対策」を取り上げました。党内の各政策機関は連日のように、担当分野について政府から説明を聴取し、経済対策に盛り込む施策について熱の籠った議論を重ねていますが、その中から、いくつかをピックアップ。インフラ投資をはじめ、教育や年金から、中小企業、リニア鉄道にいたるまで、次代の日本の飛躍には欠かせない政策メニューのオンパレードとなりました。また、7面では新企画、「食べて健康に」がスタートします。その名の通り、食材と健康がテーマで、1回目は夏バテしないためにも食べたいゴーヤについて解説。ゴーヤはビタミンCがレモンの2.7倍で、野菜の中では2番目に多いそうで、沖縄の長寿を支えているとの声も。その他、ゴーヤについて耳よりな情報をお伝えします。なお、同じ7面には、これも“食”に関係するコンテスト、「お米で世界を驚かそう!コメ・米粉レシピコンテスト」の募集告知も載っていますので、こちらの方にも、ふるってご応募ください。さらに、新企画と言えば、8面の「決断」もそうです。評論家の髙橋雄二氏によるシリーズで、最初のテーマとして日中国交正常化を取り上げました。参院選と東京都知事選があった7月を締めくくるに相応しく、本号も充実した紙面構成となっています。

    • 機関紙「自由民主」のお申込み

      機関紙「自由民主」

      ◆機関紙「自由民主」 毎週火曜日発行
      年間購読料5,100円(税・送料込)定価1部108円(税込)

      お申込み

      ※機関紙「自由民主」は、雑誌のオンライン書店「Fujisan.co.jp」からもお買い求めいただけます。
      (クレジットカードでのお申込みが可能です)

      Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店

      機関紙「自由民主」の画像です
    • 「自由民主」インターネット版

      本サービスは毎週一回発刊される「自由民主」をインターネットで購読できるもので、毎週木曜日に更新されます。バックナンバーもご覧になれます。

      ◆「自由民主」インターネット版 毎週木曜日更新
      年間購読料5,100円

      お申込み

      「自由民主」インターネット版の画像です
    • 月刊誌 りぶるのお申込み

      女性ならではの、しなやかな発想で世の中を見つめ、国際情勢から国内の政治、経済問題、さらには日常の身近な問題まで、幅広い話題をわかりやすく解説します。

      ◆月刊誌 りぶる 毎月15日発行
      年間購読料3,700円(税・送料込)定価一冊310円(税込)

      お申込み

      ▼ガイド版はこちら。
      (PDF 3.03MB)

      月刊誌 りぶるのガイド版(PDF)です
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ