ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

その他の政策

保育士と介護士の処遇改善に必要な予算の確保を指示 安倍総理

(首相官邸)
平成28年4月27日

26日、政府は「1億総活躍国民会議(第7回)」を開催し、「子育て・介護の環境整備、特に保育・介護人材の確保」及び「成長と分配の好循環のメカニズム」について議論を行いました。
このなかで安倍総理は、保育士の処遇改善について、「新たに2%相当の処遇改善を行うとともに、キャリアアップの仕組みを構築し、保育士としての技能・経験を積んだ職員について、競合他産業との賃金差がなくなるよう処遇改善を行う」と述べ、賃上げに必要な予算の確保を指示。他業種との賃金差の解消を図る方針を示しました。
また自民党は、同会議に先立ち、『「ニッポン一億総活躍プラン」に向けた提言』を安倍総理に提出しました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ