ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

その他の政策

TPPに関する主要閣僚会議(第8回)

(首相官邸)
平成25年10月11日

平成25年10月11日、安倍総理は総理大臣官邸で、第8回となる「TPPに関する主要閣僚会議」に出席しました。会議では、「バリにおけるTPP首脳会合及び閣僚会合の結果報告」がなされ議論が行われました。
冒頭のあいさつで、安倍総理は首脳会合で(1)TPPがモノだけでなくサービス、投資、電子商取引、知的財産、環境などの分野を含む、21世紀型の経済統合協定であり、アジア太平洋地域の成長の起爆剤となるものであること。(2)交渉妥結のために、包括的でバランスのとれた成果を出すことが不可欠であること。(3)交渉の年内妥結へ向け、日本としても建設的な役割を果たす用意があることを主張をしたと説明。「日本が交渉の進展に積極的な役割を果たし、関係国からも高い評価をいただいている」と述べました。

その上で、TPP交渉への参加は、「国家百年の計」であり、年内妥結へ向け日本が主導的な役割を果たしていくべきであると強調しました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ