ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

幹事長記者会見

役員会後 二階幹事長記者会見

2019年3月18日(月)18:01~18:16
於:院内平河クラブ会見場

二階幹事長

【冒頭発言】(金田幹事長代理)

今日の役員会の概要を報告いたします。
まず安倍総裁からは、今年の春闘では多くの企業で6年連続ベアが実施され、連合の調査によると、昨年とほぼ同様の賃上げ率となっているということでございます。世界経済の先行きをしっかりと見て、経済運営に万全を期していきたいとの発言がありました。
森山国対委員長からは、明日の本会議は13時から、在外公館法、IMF・IBRD加盟措置法、NHK予算(緊急上程)の処理と民事執行法の趣旨説明質疑を行います。所要約1時間20分の見込みであります。各委員会については、参議院とよく連携しながら法案処理に全力をあげていきたいとの発言がございました。
甘利選対委員長からは、統一地方選挙では各役員の支援をお願いするという発言がございました。
岸田政調会長からは、明日、参議院選挙に向けた公約策定委員会を開催する。内閣提出法案57件のうち、56件と条約10件の審査を終えたという報告がございました。

以上です。

【冒頭発言】(二階幹事長)

統一地方選挙の第一弾として、21日には11の道府県知事選挙、24日には6の政令市長選挙が告示される。私は19日に北海道、21日に大阪府にお伺いし、それぞれの選挙の出陣に備えたいと思っております。

以上です。

質疑応答

Question
時事通信です。幹事長からお言葉がありましたとおり、21日に都道府県知事選、その後に政令市長選が告示されます。参院選を見据えて、この統一地方選に改めて自民党としてどのように臨むお考えでしょうか。
Answer
あらゆる選挙に自民党は勝利することを目標に掲げて、全力を尽くすつもりであります。
Question
朝日新聞です。福岡県知事選挙について、福岡県連は、党本部推薦ではない現職を支援している国会議員の方々への処分を求めています。一方で、福岡県選出の国会議員の方々は対応が分かれていますが、党本部としてこうした声にどう対応されますか。
Answer
県内にも相当有力な議員がおられるわけですから。それは議員で十分話し合いをして、結論を得るようにしていただきたい。いちいち党本部が介入というかそういうことに参加をしても、地元の実情をよく分かっておられるのはその地元の議員でありますから。そのようにやってもらいたいと思っています。
Question
朝日新聞です。県選出の国会議員が真っ二つというか分かれている状態で、参院選への影響はどういうふうにお考えでしょうか。
Answer
参院選への影響がどうかということは、マスコミ等でよく言われておりますが、これはこれ、参院選挙は参院選挙で、それぞれ候補者が違うわけですから。一緒の事にはならないと思います。
Question
時事通信です。21日に幹事長は大阪へ伺うとのお話でした。第一声の場として大阪を選ばれたのは、どのような思いがあったからでしょうか。
Answer
これは党本部の命令に従って伺うわけでありまして。幹事長の判断で勝手に大阪だからとか、私が和歌山であることはご承知のとおりでありますが、だから大阪を選んだ、そういうことではありません。
Question
フジテレビです。先ほど、幹事長のもとに新潟県連の塚田県連会長がいらしたと思います。塚田会長は現職の細田健一氏の支部長としての公認を前提として、今は無所属である鷲尾英一郎議員の入党を受け入れるとのことでした。この入党の受け止めと、そのタイミングはいつになりますか。
Answer
まだ正式に書面でもってのことではありませんので、明日明後日のうちにそういう手続きが取られると思います。流れに従って、出来るだけ地元県連の意向を尊重しながら取り組んで行く。これが党の基本方針です。
Question
共同通信です。塚田県連会長が申し入れた、新潟2区の支部長が細田健一さんのままということは、党本部としても了承されるということでしょうか。
Answer
そういうことだろうと思います。
Question
北海道新聞です。北海道知事選について、全国唯一の与野党対決と言われています。19日に幹事長も入られるとのことでしたが、どのようなご所感をお持ち、またどのような声掛けをされるお考えでしょうか。
Answer
これから十分北海道のご意見等を聞いて臨みたいと思います。
Question
NHKです。鷲尾議員の話ですが、正式な手続きは明日明後日とお話がありました。これまで野党として活動をして来ている中で、今回自民党に入党すること自体への反発の声もあります。こうした声についてどうお考えですか。
Answer
よくそういうことを言われる人がおりますけれどもね、それはそれぞれの事情があって、今野党にいる人だって本音を問えば自民党に行きたかったけど自民党が満員だから入れなかったという人っていっぱいいるじゃないですか。それと同じようなことがあるわけですよ。ケースバイケースで対応して行きたい。自民党へ入りたい、自民党へ行きたいという人が多くいていただけることは、われわれにとっては大変力強いことであります。
Question
時事通信です。鷲尾議員が今まで活動してきた新潟2区には、支部長として細田健一議員がいます。この点で、選挙になると候補者調整が必要になろうかと思いますが、どのようにお考えですか。
Answer
二人を同じ選挙区に立候補させるわけにはまいりませんから。そこは激突にならないような方向で処理していくというのが自民党としての知恵だろうと思っています。まだそれに対して方向性を決めているわけでもありません。両者のご意見等を十分聞いていきたいと思います。
Question
日本経済新聞です。鷲尾議員の入党に関しては、細田派の幹部からも反発の声が出ております。細田会長は、選挙で戦った議員が相手の党に入っていくのは、小選挙区制の制度論の観点からどうなのかと仰っていますが、いかがお考えでしょうか。
Answer
ご意見として承っておきます。
Question
共同通信です。憲法改正について、自民党が目指す憲法改正の国会発議に向けては、改憲に前向きな維新の協力が必要だと思われます。大阪のダブル選挙や、大阪12区の補選を巡って、維新と自民党は対立をしています。こうした対立による憲法改正の論議への影響についていかがお考えでしょうか。
Answer
それぞれの地域の選挙は選挙、憲法改正は憲法改正。ここは割り切って考えていきたいと思います。
Question
共同通信です。選挙での対立と憲法改正の論議は、別のことというふうにお考えでしょうか。
Answer
そう考えなきゃ二つ引っかかっては前に進めないじゃないですか。何か良い案はありますか。
Question
日本経済新聞です。四月一日に政府が公表する予定の新しい元号について、自民党三役等の党幹部に、政府決定の前に伝えるべきだとお考えでしょうか。
Answer
べつに特別べきだとは考えておりません。伝えて来るのが常識だという程度のことはわれわれも考えております。伝えて来なくってもしょうがないじゃないですか。それは大目に見てあげたらいいんじゃないですか。どうせ分かることだから。一日二日争ってみたってしょうがないよ。新聞を見ていれば分かるんだから。
Question
日本経済新聞です。伝えて来るのが常識だというご発言がありましたが、政府側から幹事長に事前にお伝えすると話があった場合は、事前に聞くとお答えになるのでしょうか。
Answer
報告したいと言って来たら聞いて差し上げることは当然のことだと思います。肩肘張らなくて良いんですよ。年号は大事ですけど、一日や二日早く聞いたからってどうってことないじゃないですか。それから、聞いて年号が気に入らないといって変えるわけにはいかないでしょう、異を唱えるわけにはいかないでしょう。それだったら大して深い意味合いのある話ではないですよね。素直に、フランクに聞けばいいんじゃないですか。
Question
新潟日報です。鷲尾議員については正式な手続きはこれからとのことですが、これまで鷲尾議員は、前に新潟市長選挙で自民党が支援する候補を応援したり、国会審議の中でも野党とは一線を画すような行動を取られてきました。そのあたりを踏まえて、鷲尾議員の人物像といいますか、自民党として期待があればお願いします。
Answer
われわれは入党を希望して自由民主党で一緒にやりたいという希望者がいて、余程の難点が無い限り、幅広く受け入れて行きたいと思っておりますが、その一環で考えて行きたいと思います。
Question
毎日新聞です。大阪市長選挙に出馬する柳本顕さんへの推薦が出ました。柳本さんは参院選の公認候補を辞退されましたけれども、大阪選挙区には元々候補者は二人いたわけで、今後、党としては二人擁立するべきだとお考えでしょうか。
Answer
もちろん私は二人擁立するべきだと考えます。二人擁立しておったんだから、ごく最近までね。
Question
産経新聞です。産経新聞社とFNNによる先週行った世論調査で、安倍総裁の4選に反対が59.3%で、賛成の31.1%を上回りました。この結果についての受け止めをお願いします。
Answer
それは産経さんの調査の結果がそういうことであったでしょうが、国民の考え方は何であるか、もっと慎重に考えてみる必要があると思っています。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ