ニュースのカテゴリを選択する

機関紙「自由民主(信州版)」2929号

小松ゆたか候補 不動の信念 コロナ対策 地域経済の即戦力

2021年4月13日

 参院長野県補欠選挙が4月8日、告示された。わが党公認、公明党推薦の小松ゆたか候補は「医師としての経験を生かし、政治と医療の架け橋になる」と連日県内各地で必死の訴えを続けている。小松候補はまさにコロナ対策、地域経済活性化の即戦力として、ポストコロナの時代を迎える信州の未来を担うのにふさわしい人材だ。ふるさと信州への思いを訴える小松候補への支持は着実に広がっている。

上田市で聴衆に手を振り支持を呼び掛ける小松ゆたか候補。「今、挑戦しないでどうする」と熱く訴える姿に共感の輪が広がっている

上田市で聴衆に手を振り支持を呼び掛ける小松ゆたか候補。「今、挑戦しないでどうする」と熱く訴える姿に共感の輪が広がっている

多様で具体的な政策訴え

 告示日の小松ゆたか候補の演説は、あふれる情熱、政治家としての覚悟と信念がこもっていた。「どんなに医療が進歩しても、政治がしっかりしないと国民の命は守れない」と政治家としての原点を語り、新型コロナウイルス感染症の危機にある現在、「今、挑戦しないでどうする」と政治と医療を繋ぐ決意を強調した。

 コロナ対策の具体策として小松候補は検査体制の整備、医療連携、保健所機能の強化に取り組むと訴え、12日から高齢者向けの接種が始まるワクチンについては「早期に安心してワクチンが接種できる状況を作る」と、選挙戦を通じワクチン接種を呼び掛けていく考えを示した。

 小松候補はポストコロナの信州の未来像を「信州に戻ってくる、新たに移住する若者が増える環境を作る。子供からお年寄りまで安心して暮らせる子育て、介護、医療など社会保障制度の充実は私の得意分野」と、医師としての経験をアピールした。

 また、菅政権が取り組むデジタル化について「デジタル技術を活用すれば高度な先進医療や教育をこの信州で受けることができる。5Gを含めたデジタル化で信州は豊かになる」との考えを示した。

 さらに東日本台風の際に、泥かきなどのボランティアに自ら取り組んだ経験を基に、「政治が多くの命を救うことを実感した」とし、「命を守るための国土強靱化をさらに進めていきたい」と、防災・減災対策の重要性もアピールするなど、多様で具体的な政策を訴えた。

覚悟と情熱に支援広がる

 選挙戦の情勢について長野市でマイクを握った後藤茂之党県連会長は「相手と競り合い、このまま勝利へまっすぐ突き進める状態だ」と、確かな手ごたえを強調。また、「襟を正してしっかりと政治を刷新していく。国民の信頼にこたえる政治をしたい」と述べ、選挙戦を通じて政治の信頼回復に努める考えを示した。

 後藤会長は選挙戦を通じ「国民の命、暮らしを守り抜くことは政治の責任。コロナ後の新しい時代を小松ゆたかとみんなで力を合わせて切り開いていこう」と、党員・党友をはじめ支援者が一丸となった取り組みを呼びかけている。

 小松陣営はコロナ下で大規模な集会が制約される中、県下77市町村をくまなく回る方針。小松ゆたか候補が持つ政治家としての覚悟と不動の信念、政治への揺るがぬ情熱に支援の輪が大きく広がっている。

医師として感染対策を徹底して選挙戦を行う小松ゆたか候補

医師として感染対策を徹底して選挙戦を行う小松ゆたか候補

今こそ命!今こそ小松!小松ゆたか候補3つの「信」

期日前投票へ行こう

 コロナ下で行われている選挙戦。全国的にも期日前投票を行う有権者の割合が高まっています。

 期日前投票は手ぶらでも大丈夫。身分証明書があればよりスムーズに手続きできます。投票日に投票できない「理由」に〇印を記入するだけで期日前投票ができます。新型コロナの感染予防もその理由になります。

 長野県選挙管理委員会では全77市町村に計181カ所の期日前投票所を設置し、4月9日から投票が始まりました。

各地の期日前投票所はこちらからご確認ください
https://www.pref.nagano.lg.jp/senkan/sanho2021/documents/sanho-kijituzen030408.pdf

小松ゆたか候補のプロフィル

長野県諏訪市出身、昭和36年松本市で生まれる。
伊那小学校、高島小学校、諏訪中学校、諏訪清陵高校を経て、信州大学医学部卒業。
東京大学病院、国立スポーツ科学センターなどで内科医・スポーツドクターとして活躍。
平成24年公募により党長野県第一選挙区支部長に選任され、同年12月の総選挙で初当選。平成26年に再選。2期5年衆院議員を務めた。

HP:https://komatsuyutaka.com/
Twitter:https://twitter.com/komatsu_yutaka
Facebook:https://www.facebook.com/komatsuyutaka.shinshu/

機関紙「自由民主」

実際の紙面はこちら
他にも各種政策や党活動、議員の素顔など掲載しています。

「自由民主」インターネット版

更新日 毎週木曜日更新
年間購読料 5,200円 (税込)