ニュースのカテゴリを選択する

お知らせ総裁選2021総裁選

第27代自民党総裁に岸田文雄衆議院議員が決定

第27代自民党総裁に岸田文雄衆議院議員が決定

MOVIE

任期満了の伴う総裁選挙が9月29日、都内のホテルで議員投票・開票が行われ、岸田文雄氏が第27代総裁に選出されました。

国会議員票と全国の党員・党友による党員票で争われた総裁選。1回目の投票では河野太郎候補が255票(議員票86、党員票169)、岸田文雄候補が256票(議員票146、党員票110)、高市早苗候補が188票(議員票114、党員票74)、野田聖子候補が63票(議員票34、党員票29)となり、有効投票総数762票の過半数を超える得票を得た候補者がいなかったため、岸田候補、河野候補による決選投票が行われました。

決選投票では岸田候補が257票(議員票249、都道府県票8)、河野候補が170票(議員票131、都道府県票39)となり、岸田候補が新総裁に選ばれました。

総裁選後に行われた党大会に代わる両院議員総会であいさつした岸田新総裁は「総裁候補それぞれが国民の皆さんに寄り添って国民の声に耳を澄まし、建設的な政策論争を行う。そのことによって自民党が国民政党であり、国民にしっかり向き合い、そして、自由闊達な政党であることを示すことができた」と総裁選を通じて有意義な政策論争を国民に示せたことを強調しました。

また、コロナ対策や経済、外交、少子化対策などあらゆる課題に対応するため「私は今日から全力で走り始める。皆さんもぜひ一緒に走っていただきたい」と協力を呼びかけました。

【開票結果】
<決選投票>※議員票+都道府県票=合計票
河野太郎候補 131票+39票=170票
岸田文雄候補 249票+8票=257票

<1回目の投票>※議員票+党員算定票=合計票
河野太郎候補 86票+169票=255票
岸田文雄候補 146票+110票=256票
高市早苗候補 114票+74票=188票
野田聖子候補 34票+29票=63票

※届出順

PDF

党員投票結果(候補者別)

PDF形式 (40KB)

PDF

党員投票結果(都道府県別)

PDF形式 (78KB)