ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

各プロジェクトの活動

ふるさと対話プロジェクト

自民党はさまざまな形で国民のみなさんの生の声「なまごえ」をうかがう【なまごえ☆プロジェクト】をスタートしました。 「ふるさと対話」は自民党国会議員があなたの町を訪れ、地域住民の方々の「なまごえ」を聞かせていただく活動です。

ふるさと対話プロジェクトのイメージ画像です

主な活動

ふるさと対話プロジェクト

第996回『ふるさと対話』宮城県仙台市

仙台市(若林区笹屋敷地区)でいただいたみなさまの「なまごえ」

「10月の台風で田の稲わらが飛ばされたり、流されたりしたが、処分の方法をしっかり定めて欲しい。」
「元気で働ける今はよいが、将来の後継者問題がある。」
「国や県は、国内がだめなら輸出にと簡単に言うが、そうできるものではない。」

ふるさと対話プロジェクト

第995回『ふるさと対話』宮城県仙台市

仙台市(泉区仙台場外市場)でいただいたみなさまの「なまごえ」

「東日本大震災の復興対応対策は、沿岸部(若林区)と内陸部に差があるのではないか。」
「南米南部共同市場(メルコスール)と経済連携を進めているようだが、国内農家を大事にしてほしい。」
「食糧自給率について、目標とする指数をきちんと示した政策を行ってほしい。」
「鳥獣被害について、動物保護法を緩和してほしい。農家だけではなく、趣味で園芸を行っている人達の生きがいも削ぐ。」
「農用地区域に含まれる農地の除外手続き(農振除外)を緩和して欲しい。」
「七北田川(泉区)の河川改修について、東側(松森地区)は故田中角栄首相の尽力で工事が一気に進められたが、西側(実沢地区・根白石地区)も宮城県はしっかり実行してほしい。」

ふるさと対話プロジェクト

第994回『ふるさと対話』宮城県仙台市

仙台市(若林区)でいただいたみなさまの「なまごえ」

「台風で稲わらが広範囲に大量に流された事へのしっかりとした対策をお願いしたい。」
「野菜や果物の値段が高い。」
「大臣は発言に気をつけた方が良い。」

富山県射水市の活動報告画像です

第992回『ふるさと対話』富山県射水市

富山市(大門地区)でいただいたみなさまの「なまごえ」

「圃場整備事業における採択要件の緩和を検討してほしい。」
「スマート農業の実証実験を行っている。省力化のための無人農機(トラクター、コンバイン等)はスマートフォンでの操作のため、年配者にとっては操作が難しい。若者の就農者不足で困っているのに、若者でないと操作しにくい無人農機というジレンマが生じている。」
「約50年前に実施した圃場整備事業による農業施設(用排水路等)が経年劣化してきている。」

富山県射水市の活動報告画像です

第991回『ふるさと対話』富山県射水市

富山市(新湊地区)でいただいたみなさまの「なまごえ」

「水産業の向上を図るため、水産業普及指導員を県内にも配置してほしい。」
「廃棄漁具(ロープ・網等)の処理施設を整備してほしい。」
「大雨で河川から流れ出たゴミや倒木が海底にたまり、底引き網漁業に支障が出ているので、治山行政もしっかりやってほしい。」
「リース漁船の事業者負担分の返済期間が各県で異なっている。富山県は5年と短く返済が大変である。国として返済期間を統一してもらうことは出来ないか。」
「プレジャーボート利用者のマナー違反や漁業被害が多く発生している。罰則の強化をお願いしたい。」

「ふるさと対話」サイトはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ