ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

各プロジェクトの活動

ふるさと対話プロジェクト

自民党はさまざまな形で国民のみなさんの生の声「なまごえ」をうかがう【なまごえ☆プロジェクト】をスタートしました。 「ふるさと対話」は自民党国会議員があなたの町を訪れ、地域住民の方々の「なまごえ」を聞かせていただく活動です。

ふるさと対話プロジェクトのイメージ画像です

主な活動

北海道北見市常呂町の活動報告画像です

第852回『ふるさと対話』北海道北見市常呂町

北海道北見市常呂町でいただいたみなさまの「なまごえ」
「北見市は、10万人都市で唯一、高速道路がない。今回の台風被害で、北海道オホーツク地域における道路網はとても弱いことが分かった。1次産業で成り立つこの地域は、全国各地への物流における時間やコスト面を考えても、高速道路は必要不可欠である。また、観光や合宿に力を入れても、移動面で長距離だとなかなか人が来ない」
「高齢化に伴い、人口減少と特別養護老人ホームの施設不足が深刻である。地方に行き届く医療の推進をお願いしたい」
「地方へ政策が行き届かない。まだまだ「地方創生」に力を入れなければならない」

徳島県徳島市の活動報告画像です

第849・850回『ふるさと対話』徳島県徳島市

徳島県徳島市でいただいたみなさまの「なまごえ」
「私立保育園の保育士処遇改善をお願いしたい」
「運営費補助金の報告書が複雑すぎるので、簡素化してほしい」
「勤務時間は8時間であるが、保育時間延長に伴い11~12時間/日勤務になってしまう。勤務時間の改善を推し進めたい」
「退職者手当共済制度について教えてほしい」
「地域包括ケアシステムで勤務する看護職員のほとんどは准看護師であり、看護師養成校の存続を強く希望している」
「薬物依存拠点医療機関とは、認知症医療センターのようなものを想定しているのか。精神科医や精神保健福祉士等の過度な負担にならないか心配である」
「特定医療法人や社会医療法人への移行を目指そうとしても、共に要件として社会保険診療割合が80%項目があり、地域包括ケアシステムを担い介護保険事業を行う法人はクリアできない」

岩手県北上市の活動報告画像です

第846・847・848回『ふるさと対話』岩手県北上市

岩手県北上市でいただいたみなさまの「なまごえ」
「復興関連での仕事が無くなると、内陸の企業も仕事が少なくなってしまうので復興期間か終わっても、安定的に事業や仕事を供給してほしい」
「コンビニや大手スーパーが多く、地域の個人商店に人が集まらない。売上のお金も地域に落ちず、本部の東京へと集まり、商店そのものや地域の行事が維持できない」
「工場誘致はとてもうまくいっているが、道路など交通網の整備が不十分なので早く進めてほしい」
「県の大学生が地元企業に就職しない。若い人が地元に残る受け皿が無いため、地元採用を積極的に取り入れるよう努めてもらいたい」
「専業農家と兼業農家での支援対応を細かく分けてほしい」
「農地・水保全管理支払交付金など、政策としてとても良いものなのに、農家でも知らない人が多くもったいない」
「女性の消防団員を広く募集をしているが、屯所の設備が不十分で改修の補助がほしい」
「地域の郷土芸能ばかりでなく、古くから伝わる地域独自の行事やならわしの保存伝承にも力を入れてほしい」
「高齢になってから個人での市場開拓は難しい。行政や農協から指定された数量を生産していた方が楽である」
「農地を貸したい人は沢山いるが、借り手がいない。また、貸しても全く動かない。政府には、魅力や将来性のある農業を推し進めてほしい」

兵庫県猪名川町の活動報告画像です

<自主開催>『ふるさと対話』兵庫県猪名川町

兵庫県猪名川町でいただいたみなさまの「なまごえ」
「障害のある高齢者や独居老人の増加問題にしっかりと対応してもらいたい」
「年金改革法案は、将来のための大切な年金制度であり、次の世代のための法案は、与野党対立すべきではない」
「安定財源と言われていた消費税の増税を先送りしたが、今後の社会保障は大丈夫なのか」
「地方創生が私たちの地域でどのように進んでいるのか、教えてほしい」

「ふるさと対話」サイトはこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ