ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

復興

「故郷に戻りたいと願っておられる方が、一人でも多く、一日も早く戻れるように」
安倍総理が福島県の大熊町、楢葉町の復興状況を視察

(首相官邸)
平成27年10月21日

安倍総理「未来への前向きな投資で、生産性革命を」日本再興戦略2015及び「骨太の方針」について議論

安倍晋三総理は19日、福島県を訪問し東日本大震災からの復興状況を確認しました。

安倍総理はまず、双葉郡大熊町に建設が計画されている大川原復興拠点地区を視察し、渡辺利綱町長から住民の生活拠点や商業施設などの整備状況に関する説明を受け、また、続いて訪問した楢葉町では、帰還住民の方々や仮設商店街「ここなら商店街」の事業関係者との意見交換を行いました。

視察を終えた安倍総理は、「故郷に戻りたいと願っておられる方が、1人でも多く、1日も早く戻れるようにしていく。避難指示の解除は、復興の終わりではなくスタートだ。今後、正にそうした不安を持っておられる方々に寄り添う気持ちで対応していきたい」との思いを語りました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ