ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

その他の政策

「自衛隊の最高指揮官であることを誇りに思う」安倍総理

(首相官邸)
平成27年12月17日

16日、安倍総理は首相官邸で「自衛隊高級幹部会同に伴う総理主催懇親会」を開催し、日本国民のためのみならず、世界の平和と安定に向け、日夜、汗を流す自衛隊25万人の活躍を高く評価しました。

 

【安倍総理の発言内容(※抜粋)】

自衛隊が内外から高く評価されていることを、私は、誇りに思うわけであります。

我が国を取りまく安全保障環境が、一層厳しさを増している今日、皆さんとこれまで以上に心を一つにして、しっかりと力を合わせていかなければなりません。

大切なことは、国民のため、国民の命を守るため。この60年間、時にはいわれのない非難を浴びながらも、しかし、歯を食いしばって、頑張ってきた結果、国民から最も信頼される組織なっている。これも日々の、正に365日頑張っている自衛隊諸君の、現場での活躍の成果ではないかと思います。

私は、彼らの最高指揮官であることを誇りに思います。これからも皆さんと心を一つにして、国民の命と幸せな暮らしを守っていきたいと思います。どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ