ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

その他の政策

安倍総理「生活再建に向け全力で取り組む」 台風18号被害で茨城県・栃木県視察

平成27年9月12日

口永良部島新岳噴火の被災状況視察のための屋久島訪問

9月12日、安倍総理は、台風第18号等による被害状況を視察するため、茨城県及び栃木県を訪問し、自治体と協力しながら生活物資の確保や医療の提供に万全を期すとともに、生活再建に向けた支援策に全力で取り組む方針を示しました。
安倍総理は鬼怒川周辺の被災現場を視察した後、避難所を訪問し被災者の方々を激励。その後、茨城県庁及び栃木県庁を訪問し、両知事から被災状況について説明を受けました。
視察を終えて、安倍総理は、「河川の氾濫等、被災地の惨状を目の当たりにし、被害の甚大さを改めて認識した。亡くなられた方々に対して、改めて衷心より御冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心からお見舞いを申し上げたい。いまだにたくさんの方たちと連絡が取れなくなっている。警察、消防、自衛隊、海上保安庁等、全てのできる限りの勢力を最大限投入し、捜索救助活動に万全を、全力を投入していきたい。また、多くの方々が将来の不安を持っておられる。生活の再建に向けた支援策に全力で取り組んでいく考えである」と述べました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ