ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

その他の政策

安倍総理「国際平和の確立に向け不断の努力」 戦後70年沖縄全戦没者追悼式

平成27年6月23日

安倍総理「国際平和の確立に向け不断の努力」 戦後70年沖縄全戦没者追悼式

 6月23日、安倍総理は、沖縄県糸満市で行われた「戦後70年沖縄全戦没者追悼式」に出席し、戦没者に対しての黙祷・献花の後、挨拶を行いました。
 挨拶の中で、安倍総理は「沖縄戦から70年を迎えた本日、全国民とともに、まぶたを閉じて、沖縄が忍んだ、あまりにもおびただしい犠牲、この地にたおれた人々の流した血や涙に思いを致し、胸に迫り来る悲痛の念とともに、静かにこうべを垂れたいと思う。その上で、この70年間、戦争を憎み、ひたすらに平和の道を歩んできた私たちの道のりに誇りを持ち、これからも、国際平和の確立に向け、不断の努力を行っていかなくてはならない。」と述べ、戦争の惨禍を二度と繰り返さないことを誓うとともに、世界の平和と安定に貢献をしていく決意を強調しました。
 また、安倍総理は式典後に記者団に対し、「沖縄に大きな基地の負担がのしかかっている状況を是認することはできない。一つひとつ負担の軽減を図っていくことが政治の責任である」と述べ、沖縄の基地負担軽減に引き続き全力を挙げる姿勢を示しました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ