ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

その他の政策

仮設住宅建設の加速化を指示 安倍総理が屋久島を視察(口永良部島新岳噴火)

(首相官邸)
平成27年6月14日

口永良部島新岳噴火の被災状況視察のための屋久島訪問

13日、安倍晋三総理は、口永良部島新岳噴火の被災状況を把握するため、鹿児島県屋久島町を視察し、避難を余儀なくされている住民の方々を激励しました。
住民の方々との対話を終えた安倍総理は、「町の絆を大切にしたいという方々も多くいらっしゃる。政府としては、仮設住宅の建設を加速化させ、そうした方々の要望にも応えていかなければいけない」と述べ、仮設住宅の整備を急ぎつつ、きめの細かい支援を行っていく方針を示しました。
住民の方々の一時帰島については、火山の状況等をしっかりと分析をしつつ準備を進め、速やかに実施すると強調。
また、屋久島町で噴火に伴う風評被害が発生していることに関して、「口永良部島から避難されている方々を支援する意味においても、どんどんこの屋久島に来ていただいて、この屋久島の自然を楽しんでいただきたい」と、観光面での支援を国民に呼びかけました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ