ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

その他の政策

伊勢志摩(三重県)に決定 2016年サミット

(首相官邸)
平成27年6月8日

 安倍晋三総理は5日、2016年に日本で開催される主要国首脳会議(サミット)を三重県の伊勢志摩で開催することを発表しました。
 「大小の島々や美しい入り江、日本の原風景ともいえる自然があり、豊かな文化伝統を世界のリーダーたちに肌で感じてもらえる」
 安倍総理は、伊勢志摩を開催地に選んだ理由について、こう述べました。
 三重県志摩市は、東海地方屈指の観光地で、伊勢湾の海の幸が豊富。また、同市の近くには伊勢神宮があり、世界のリーダーに日本の悠久の歴史を伝えるには格好の場所です。
 日本サミットにあたっては、仙台市、新潟市、長野県軽井沢町、浜松市、名古屋市、神戸市、広島市が立候補。今後は、サミット関連の財務、外相会議などの開催地を各候補地の中から決定する予定です。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ