ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

その他の政策

安倍総理「住民の安全確保を徹底」 鹿児島県口永良部島が噴火

(首相官邸)
平成27年5月29日

29日午前、政府は、鹿児島県の口永良部島の新岳噴火に関して、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置するとともに、安倍晋三総理が関係各省などに対して、以下3点の指示を出しました。
1. 早急に被災状況を把握すること
2. 地方自治体とも緊密に連携し、政府一体となって、早急な避難等住民等の安全確保の措置を徹底すること
3. 火山の観測を強化し、住民等に対する適時的確な情報提供を行うこと
また、自民党本部においても、幹事長室に対策室を設置し、政務調査会の災害対策特別委員会で情報収集にあたることを決定。谷垣禎一幹事長は記者会見で「住民の安全が最優先であり、被害状況などを注視し、党としても政府と連携しながら万全な対応をしていく」と発言しました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ