ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

教育再生

第五次提言「今後の学制等の在り方について」

(首相官邸)
平成26年7月3日

安倍総理は、平成26年7月3日に、第24回の教育再生実行会議で、第五次提言「今後の学制等の在り方について」を受け取りました。
少子・高齢化やグローバル化が進む中、日本が将来にわたって成長し発展を続け、一人一人の豊かな人生を実現していくためには、個人の可能性を最大限引き出すとともに、少子化を克服し、国力の源である人材の質と量を充実・確保していく必要があります。
このような観点から、第五次提言では、義務教育及び無償教育の期間、学校段階間の連携、一貫教育や区切りの在り方、職業教育制度等の学制の在り方全般並びにこれらの改革に関連する教師の在り方や条件整備について提言がまとめられました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ