ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

外交再生

世界の人々に「希望を生み出す灯」となる
日米首相 被爆地・広島を訪問

平成28年5月27日

5月27日、安倍総理はオバマ米大統領と共に広島県広島市の平和記念公園を訪問しました。
両首脳は、広島平和記念資料館を視察した後、原爆死没者慰霊碑に献花し、ステートメントを実施。続いて、原爆ドームを視察しました。

ステートメントの中で安倍総理は米国のリーダーとしは初めて被爆地・広島を訪問したオバマ大統領に対し「米国の大統領が、被爆の実相に触れ「核兵器のない世界」への決意を新たにする。「核なき世界」を信じてやまない世界中の人々に、大きな「希望」を与えてくれました。」と語り、オバマ大統領の決断と勇気に敬意を表しました。
さらに、「日本と米国が、力を合わせて、世界の人々に『希望を生み出す灯』となる」と世界の平和と繁栄に力を尽くす強い決意を示しました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ