ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

外交再生

平和条約の締結に向けた重要な一歩
安倍総理 日露首脳会談で

平成28年12月15日

「率直かつ突っ込んだ議論ができた」(安倍総理) 日露首脳会談が始まる

12月15日、16日に日露首脳会談が長門市(山口県)と東京で行われました。
会談では、平和条約締結問題、安全保障、経済、人的交流、国際情勢など幅広い分野で議論が行われ、実の多い首脳会談となりました。
平和条約締結問題に関しては、従来の北方領土交渉では平行線が続くため、両首脳は「新しいアプローチ」で解決を目指すことに合意しました。日露共同宣言に記されている歯舞・色丹だけでなく、国後・択捉も含めた「4島で特別の枠組み」を作り、共同経済活動を行うための交渉を開始します。
また、安倍総理は、会談で元島民の方々から託された手紙をプーチン大統領に直接伝達し、ご高齢となっている元島民の方々が自由に往来できるよう、交渉を行うことで合意しました。
首脳会談後、安倍総理は会見で、「これは平和条約の締結に向けた重要な一歩だ。この認識でもウラジーミルと私は完全一致した。」と述べました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ