ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

外交再生

安倍総理「二度とこうした悲劇を、テロを繰り返させてはならない」 パリ同時多発テロの現場を訪れ献花

(首相官邸)
平成27年12月1日

29日(現地時間)、安倍総理はCOP21首脳会合に出席するためフランスのパリを訪問。同時多発テロが発生した現場を訪れ献花を行うとともに、次のように述べました。
「テロによって犠牲となられた方々に対して、哀悼の誠を捧げました。
そして、日本として強い連帯の意を表明したいと思います。試練の時を迎えたフランスと日本は常に共にあります。
  たくさんの花束を見まして、その花束一つひとつに悲しみが込められている。そしてまた同時に、平和や自由への切なる思いが込められていると思いました。二度とこうした悲劇を、そしてテロを繰り返させてはならないと思います。
人類共通の価値に対する戦いに対して、世界は結束しなければならないと思います」。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ