ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

総裁記者会見

第24回参議院通常選挙の結果をうけて 安倍総裁記者会見

平成28年7月11日(月)13:00~

冒頭発言

第24回参議院通常選挙の結果をうけて 安倍総裁記者会見

(はじめに)

今回の参議院選挙、私は、「国民の信を問いたい」と申し上げました。そして、自民党、公明党の連立与党で、改選議席の過半数、61議席を目指すという目標を掲げました。

暑い真夏の選挙戦となりましたが、多くの皆さんが投票所に足を運んでくださり、連立与党で70議席。過半数を大きく上回る議席を頂きました。
「アベノミクスを一層加速せよ!」と、国民の皆様から、力強い信任を頂いたことに、心から御礼を申し上げます。

(経済対策)

勝利の余韻に浸っている暇はありません。直ちに、明日、石原大臣に対して、経済対策の準備に入るよう、指示いたします。

今回の参議院選挙から、18歳、19歳の若者たちが、一票を投じた。歴史的な選挙でありました。

我が国の「未来」を担うのは、こうした若い人たちです。この若者たちと共に、輝かしい「未来」をつくりあげていく。「未来」は、私たちの手で変えることができるんです。その力強いスタートを切る「経済対策」にしたい。そう考えています。

キーワードは、「未来への投資」であります。

未来の成長につながる分野、すなわち「未来の成長のタネ」に、大胆に投資します。

主役は、「地方」。目指すは、「世界」であります。地方が誇る、魅力ある農産物や観光資源を、世界にどんどん売り込んでいく。この選挙戦を通して、私は、各地で、そうお約束してきました。まずは、それを実現させていく。そのための「21世紀型のインフラ」を整備していきます。

輸出1兆円目標の早期実現に向けて、農林水産物や食料の輸出基地、輸出対応型施設を、全国につくります。外国人観光客4千万人時代に向かって、クルーズ船を受け入れる港湾施設の整備など、地方の観光施設を抜本的に増強しなければなりません。

各地方の旅館やホテルの改修や建設など、未来の成長を生み出す民間投資も、どんどん喚起してまいります。

現下のゼロ金利環境を最大限に活かし、財政投融資を積極的に活用します。リニア中央新幹線の全線開業を最大8年間前倒しし、整備新幹線の建設も加速します。

東京、そして大阪。日本の二大都市を大きなハブとしながら、全国に広がる「地方創生回廊」をつくりあげ、成長の果実が、全国津々浦々にまで、行き渡るようにしてまいります。

熊本地震の被災地に「未来」をつくる。復興への取組も一層充実していきます。地震、豪雨、豪雪。自然災害に強い、強靭な国づくりを進め、安心を確保するための防災対策も、「未来への投資」であります。

そして、これまでの成長の果実を、子育て支援など、必要な分配政策に大胆に投入することにより、次なる成長を確かなものとする。「成長と分配の好循環」をつくりあげるため、「一億総活躍社会」に向けた「未来への投資」を、加速してまいります。

「待機児童ゼロ」を実現するため保育の受け皿整備を進めます。介護についても50万人分の受け皿を前倒しで整備し、「介護離職ゼロ」を目指します。施設だけでなく、必要な人材を確保するため、保育士や介護福祉士の皆さんへの支援の拡充を進めていきます。

更に、無年金の問題は喫緊の課題です。年金受給資格期間の短縮についても、来年度からスタートできるよう、準備を進めてまいります。

若者への投資を拡大します。「学びたい」という意欲を持つ全ての学生が、無利子の奨学金を受けられるようにいたします。更に、給付型の奨学金についても、具体的な検討を進めていきます。

一億総活躍社会を切り拓く「鍵」は、構造改革の断行です。働き方改革を進めていきます。長時間労働の是正、同一労働同一賃金の実現。労働制度の改革を進め、「非正規」という言葉を国内から一掃する。社会全体の所得の底上げを図ります。

イギリスのEU離脱に関する国民投票、陰りが見える新興国経済。世界経済は、今、様々なリスクに直面しています。

こうしたリスクが、中小企業をはじめ、日本経済にマイナスの影響を及ぼすことがないよう、万全の対策を講じてまいります。しっかりと内需を下支えすることができる、総合的かつ大胆な経済対策を実施したい、と考えております。

(外交再始動)

世界経済の不透明感が増す中にあり、世界経済の成長と市場の安定のためには、国際協調を強めていく必要があります。

先般の伊勢志摩サミットでは、G7が、強い危機感を共有し、世界経済のリスクに立ち向かうため、あらゆる政策を総動員していくことで合意致しました。この「経済成長への決意」を、更に、アジアやヨーロッパの国々とも共有したいと思います。

外交も、今週さっそく、再始動します。ASEMに出席するため、モンゴルを訪問します。

選挙期間中に、バングラデシュにおいてテロが発生しました。改めて、お亡くなりになった方々の御冥福をお祈りし、御家族にお悔やみを申し上げます。

「バングラデシュの人々のために力を尽くしたい」。その崇高な志が、残虐非道なテロリストたちによって、踏みにじられました。卑劣極まりないテロ行為を断固非難し、強い憤りを覚えます。

来たるべきASEMにおいても、アジアとヨーロッパの国々が、一致して、テロの根絶に向けて緊密に連携する。その明確なメッセージを世界に向けて発信したいと考えています。

世界経済と、「テロとの闘い」という、二つの大きなテーマに対して、これまで培ってきた各国首脳との深い信頼関係の上に、日本として、リーダーシップを発揮してまいります。

(おわりに)

「継続こそ力」であります。

今回の選挙において、私たち自民党は、歴史的な勝利となった3年前の参院選よりも、比例の得票を150万票以上増やし、15年ぶりに2千万票を超える得票を頂くことができました。そして、改選前の議席を上回る議席を頂きました。国民の皆様に、改めて感謝申し上げます。

より安定した政治基盤のもと、経済においても、外交においても、一層力強く、政策を前に進めることができる。いや、前に進めなければなりません。

そのことが、国民の皆様から、この参議院選挙で頂いた「負託」に応える道である。そう確信しております。

今後とも、国民の皆様と共に、この道を、力強く、前へ進んで行く決意であります。

私からは、以上であります。

 

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ