ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

総裁記者会見

民主党代表選挙の結果を受けて 谷垣禎一総裁ぶら下がり会見

平成22年9月14日(火)
於:党本部4階エレベーターホール

質疑応答

Q
民主党代表選挙で菅代表が再選されましたが、総裁の受け止めをお聞かせください。
A
結果を見ますと、地方議員票、あるいはサポーター票ではかなり差がつきましたけれども、国会議員の票では極めて僅差の熾烈な選挙だったと思います。まずは、菅さん、この熾烈な選挙を勝ち抜かれ、引き続き党代表、総理大臣を続けられるということでしょうから、お祝い申し上げたいと思います。参議院選挙、臨時国会が終わってから、国民経済は厳しい状況ですが、その間どちらかと言うと、政争と言いますか、政局に与党の側が入って、国民生活の今の深刻な課題に正面から向き合うことが必ずしも十分でなかったと思います。ですから、一刻も早く政権として今の国民生活の状況に直面した対応をしてほしい。野党としてもそう思います。それが1番目です。
2番目に、実は、私は今回の代表選挙を通じて、民主党の中でも、いろいろな国民に対する政策の議論、民主党の方向性が掘り下げられていくことを期待したのですが、結果としてみると、議論の深化はあまり見られなかったと思います。と言う以上に、非常に熾烈な、これは他党から言うのは何ですが、与党の中で相当な亀裂が入るような選挙になって、民主党のアイデンティティーというのは何なのかと、疑問に思うような選挙になったのではないかと思います。ですから、この選挙で争われた本質的な論点は、一方では去年の衆議院選挙で約束したマニフェストを違えるようでは、間違いではないかという主張、それからもう1つは、政治とカネの問題で民主党はクリーンでなければならないという主張、どちらの主張も間違っていない主張だと思っていますので、それをどのように乗り越えていくのかという深刻な課題があるのだろうと思っています。そういうのを見ますと、そして今までの政権のパフォーマンスを見まして、今の国民生活に厳しい生活を打開していくエネルギーが、この選挙によって民主党に生じたとは思いません。ですから、私どもは一刻も早く解散総選挙に追い込むということで、民主党と対峙していく。このことに我々はさらに頑張らなければならないと思っています。
最後に、今、国民生活が非常に厳しい時ですので、国民生活に必要な喫緊の課題については、野党も与党に協力すべきであるという議論もあります。菅総理も度々与野党間の協議というものに言及しています。それはそうですが、ここで1番問題となるのは、このマニフェストを引っ込めるということで良いわけではないのはもちろん、与党の側の真剣さ、本当に国民のためにこれを必ずやるんだという真剣な態度が果たして出てくるのか、ここが問題だと思います。例えば、参議院選挙の時に消費税の問題を提起されましたが、今回の代表選挙を通じては、結局物事をあいまいにされたままである。果たして真剣な提案というものが出てくるのか。私は、この点はかなり懐疑的に見ています。そして、私どもはむしろ本当に国民生活に必要な時であったら、私たち、自民党の側から民主党にどんどん法案なり、政策など問題提起して、与党に突き付けていく行動をとりたいと思っています。
Q
政界再編など、今後の政局にどのような影響を与えると思いますか。
A
私はすぐ政界再編とか、そういう議論をしていくというのは、今まで慎重でした。そう簡単に政界再編というのを言葉の上だけで議論しても、しょうがないというのが基本的な思いです。
ただ今回の代表選を見ていると、民主党内で熾烈な争いがありました。先ほど、アイデンティティーということを申し上げましたが、果たして民主党というのはいかなる党で、どこを向いて進んでいくのか、同じ党とは思えないようなことがありました。今、日本最大の議席を持った与党なので、そこのアイデンティティーがあいまいということは、日本の政治にとっては深刻なことだと思います。
Q
菅氏は、年内に補正予算を編成する方針を示唆していますが、これに対する自民党の国会対応は。
A
中身も拝見していないうちから、国会運営を語るのは早いと思います。私どもは、必要なことは主張して、これをやれということを迫って、またどれだけ真剣な態度で臨んでこられるかということが肝要だと思います。
Q
大連立の可能性については。
A
それはあり得ません。
Q
必要なら自民党の方から政策を提起していくとおっしゃいましたが、仮に政権の方が抱きついてきた場合、対立軸がなくなり解散総選挙への道筋に狂いが生じるのではないかと思うのですが。
A
対立を求めているわけではありません。我々は、今の政権の方向性が国民生活にとってプラスには働かないと思っているから退陣を要求しているので、これが必要だと思って我々が提起したことが実現するのは、むしろ良いことだと思います。
Q
民主党が2つに分裂したような状態になり、政権運営に不安を残すような形になりましたが。
A
先ほども申し上げましたが、政権党のアイデンティティーが不明になっていることは、政治を安定化させることではないことだと思っています。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ